体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「声のかぎり、落語を愛してました」 落語家・立川談志さん遺族会見 全文

立川談志さんの遺族、長男・松岡慎太郎さん(左)、弓子さん(右)

 喉頭がんのために亡くなった落語家の立川談志さんの遺族が2011年11月23日夜、記者会見を開いた。葬儀直後に会見に臨んだ談志さんの長男・松岡慎太郎さんと、長女・弓子さん。弓子さんは、談志さんが落語家の命とも言える声帯のがんとの闘病時でも「声のかぎり、落語を愛してました」と明かし、時おり涙を拭いながらその最後の様子を語った。

 以下、全文を書き起こして紹介する。

談志さんの長男・松岡慎太郎さん(以下、慎太郎): 本日は、突然お騒がせして、大変申し訳ございません。只今より談志の記者会見を行いたいと思います。私、談志の長男で「談志役場」という談志の事務所をやっております、松岡慎太郎と申します。本日はよろしくお願いします。

 既に報道にもたくさん出ておりますように、一昨日11月21日14時24分に喉頭がんで談志は死去しました。生前ファンの皆さま、マスコミ関係者の皆さま、本当にたくさんの皆さまにお世話になりまして、場合によってはご迷惑をおかけしたこともあったのですが、家族として、事務所として皆さまにまずはお礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございます。

 簡単になんですけれど、今回、家族葬というか密葬という形で、本日3時に葬儀を終えることができました。あまりこれまで人に話すことはなかったので、簡単なんですが、これまでの病状の経緯などをご報告させて頂きます。その後、質問などがありましたらお聞きしますので、お願いします。

 3年前談志は喉頭がんになりました。その時は1回目というか、発見もすごく早かったので、放射線の治療、レーザーですとか、非常に効果的な治療ができ、声帯にできたがんだったんですけど、すぐ治ったんです。しかし昨年の11月、本人も喉の調子が悪いと言っていて、医師のほうから家族に話がありますということで、喉頭がんの再発ということで事実上の余命宣告を聞きました。

 医師も患者の命を守る、病気を直すという立場から、声帯にがんができる「声門がん」というがんだったのですが、声帯をそっくり一刻も早く転移する前に取って下さいというように言われました。ただ、患者が落語家で、喋る仕事をしています。おそらく主治医も、家族も声帯を取ると言って「わかった」ということは無いだろうと、案の定やっぱり本人も絶対それはプライドが許さないということで、摘出手術は拒否しました。

 そして、父の場合は、とりあえず表面にできたがんを表面だけ取り除くというかたちで、治療としてはあまりベストではないのですけど、それでも自分の声で、少しでも喋れる限り傷口を削って、懸命に声を出して今年の3月まで高座に立ち続けていました。

 ただその後、がんも進行してきまして、呼吸も苦しくなってきて、3月の終わりくらいに、窒息する恐れがあるということで「気管切開」をして、管を(喉元に)通しました。それからは自宅療養というかたちで亡くなるまで8ヶ月、在宅と入院を続けていた。その間、いろいろ危険なことも何度かあったが、一見華奢に見えるのですけど強くて、時には知力、体力、いろんな経験で病気を乗り越えてきた。先月の10月の27日に病状が急変して、心肺停止になりました。それでも心臓はすぐ動き始めまして、意識は戻らなかったんですけど、その3週間後、息を引き取りました。

 在宅中も本人もかなり苦しかったと思います。飲めない、食べられない、喋れない。喋れないというのが何より辛い状況で、それでも在宅中・入院中は一回も「辛い」とか、本来そういうことを言うタイプなのですが、「あと2年だ」「痛いのは嫌だ」と言っていたわりには、一度も「辛い」といったことは言わず、最後まで強く生きていた。最後の最後は家族みんな間に合って、穏やかに死去しました。

 本日3時に葬儀が終わったばかりですので、いろいろ気持ちの整理だとか、これからやらなければならないことがあまり決まっていなくて、決めなればならないこととかたくさんあるのですが、今までの経緯は以上のようになります。

 これ以外で何か質問がございましたら、よろしくお願いします。

■主治医に向かって「喋りたい、喋りたい」

立川談志さんの長男・松岡慎太郎さん

フジテレビ・武藤氏(以下、武藤): 悪いということは聞いていたのですが、今年の3月に舞台を降りたときに、いつになく元気が無かった。談志師匠は、もしかして自分の限りある命はご存知なのかという気もしました。お嬢さんはそういうお父さんをずっと見ていて、どんな思いでいらっしゃいますか?

1 2 3 4 5次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。