ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

くるり、ベスト盤コメント企画で映画監督・是枝裕和が「Remember me」を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

くるりの結成20周年記念オールタイムベストアルバム『くるりの20回転』リリース記念企画としてスペシャルサイトで行なわれている「わたしにとってのくるり」。この企画の第6弾として、映画監督の是枝裕和よりコメントが到着した。

是枝裕和は『そして父になる』『海街diary』、そして2016年に公開された最新作『海よりもまだ深く』と、カンヌ国際映画祭の“常連”に数えられる映画監督だ。そんな彼が紹介するのは、2013年にくるりが発表した「Remember me」。鉛筆と消しゴムをつかって作られたアニメーションのMVが話題を呼んだが、そんな楽曲に対する彼の想いとは? 是非あなたの目で確かめてみてほしい。

■『くるりの20回転』Special Site

http://quruli.net/20th/

アルバム『くるりの20回転』 
発売中

【初回限定盤】

VIZL-1034/¥3,700+税

※CD3枚組

※デジパック仕様

※豪華84P特典ブックレット

※スリーブケース

【通常盤】

VICL-64632〜64634/¥3,500+税

※CD3枚組

<収録曲>

■Disc-1

01.東京

02.虹

03.青い空

04.街

05.春風(Alternative)

06.ワンダーフォーゲル

07.ばらの花

08.リバー

09.ワールズエンド・スーパーノヴァ

10.男の子と女の子

11.HOW TO GO

■Disc-2

01.ハイウェイ(LA mix)

02.ロックンロール

03.BIRTHDAY

04.Superstar

05.赤い電車

06.Baby I Love You

07.Juice(くるりとリップスライム)

08.五月の海

09.JUBILEE

10.言葉はさんかく こころは四角(Single Ver.)

11.さよならリグレット

12.三日月

13.愉快なピーナッツ

■Disc-3

01.シャツを洗えば(くるりとユーミン)

02.魔法のじゅうたん

03.奇跡

04.石巻復興節

05.my sunrise

06.everybody feels the same

07.Remember me

08.ロックンロール・ハネムーン

09.最後のメリークリスマス

10.Liberty&Gravity

11.There is (always light)

12.ふたつの世界

13.かんがえがあるカンガルー

14.琥珀色の街、上海蟹の朝

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP