ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【美活レシピ】食べる美容液!「鮭」で美肌を作っちゃお!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ミス・ユニバースの食事指導を担当し、世界中の女性から絶大な信頼を得るエリカ・アンギャルもおすすめする美容フード「鮭(サーモン)」。鮭が美容にいいと言われるのには、もちろん理由があります。知ったら毎日食べたくなる、鮭の美容効果3つのポイントをご紹介♪

鮭のココが美容に良い! 3つのポイント


美肌を作る「コラーゲン」が豊富!

肌は簡単に分けると、表面を覆う「表皮」と、その下にある「真皮」に別れます。肌の美しさを決めるのは、実は「真皮」。シミ、シワなどの肌トラブルは、真皮で生まれ、表面に出てくるのです。そして特筆すべきは、真皮の70%がコラーゲンでできているという事実。コラーゲンの不足は、まさしく肌の栄養不足! ちょっとやそっとじゃ荒れない、トラブル知らずの肌を作るには、コラーゲンを内側から摂ることが不可欠なのです。

低カロリー、高たんぱく!

コラーゲンは、鮭のほかに牛すじやモツ類、うなぎなどにも豊富に含まれます。ただ、カロリーの比較で言うと、鮭はこれらの食材に比べてヘルシー。鮭の切り身の平均的なボリューム80gくらいだと、およそ110kcalです。この程度のカロリーなら、毎日の食事に取り入れやすいのではないでしょうか。

栄養が体に吸収されやすい!

食べ物に含まれるコラーゲンは、体温で溶けて体に吸収されます。肉のコラーゲンは融点(溶ける温度)が高く、吸収率が悪いのに対して、鮭などの魚は低い温度で溶ける性質があるため、体に吸収されやすいと言えるんです。

毎日食べたい! 美肌のための鮭レシピ

肉のかわりに鮭で! 新感覚のつくね

鮭とはんぺんのふんわりつくね

お手軽ホイル調理で、鮭の栄養まるごと食べちゃお!

サーモンのホイル焼き

鮭ときのこのホイル蒸し

平野レミさん絶賛! 脳も若々しく♪

ボケの防止に!?ハワイの絶品「ポケ」

関連記事リンク(外部サイト)

【美活レシピ】旬の「牡蠣」でうっとり美髪を手に入れる!
【美活レシピ】化粧品も「衣替え」が必要!
【美活レシピ】夏の肌トラブルは「柿」で解消!!

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP