体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

出産前最後の温泉? 夫婦ドライブデートで秩父「はなのや」へ

とにかく暇さえあれば「今のうちに海外旅行に行っておかないといけないんじゃないか?」という話をするうちの妻。

来年1月に第一子を出産予定なので、子供が生まれたら未来永劫自由な「旅行」から縁遠くなってしまうような気でもしているのでしょう。

身重になってしまうと海外は確かにリスクも多いし、お金も準備期間も必要です。でも、日常を離れるという意味では、気軽に行ける関東近郊でも楽しい旅行はできると私は思っていまして。

とりあえず次のスケジュールが合う日に、温泉にでも行ってみよう! と妻に持ちかけました。

▲デート第3弾は個室でゆっくりくつろげる温泉旅館はなのやへ

▲デート第3弾は個室でゆっくりくつろげる温泉旅館はなのやへ

車で海外気分を味わえるか?

今回の車は白のフィアット。

海外旅行ではない分、せめて妻が好きなヨーロッパの雰囲気でもということで……。関越自動車道にイタリアの風が吹きます。 コンパクトですが、ゆったりしたシートと静かな乗り心地が妊婦にも優しい車です。

埼玉は雨模様でしたが、すいすいと秩父まで到着。秩父は先日もミューズパークに来ているので、この変な看板はこないだも見たねえ、なんてささいな会話も、嬉しい旅行気分を高めてくれます。

▲都内から約2時間。白い車体が深緑に映えます

▲都内から約2時間。白い車体が深緑に映えます

相手は妊婦ということで、旅館選びの条件とは!?

今回宿泊する温泉旅館選びで考えたのは、まず妊婦にとって泊まりやすい旅館であること。

妊婦は急に変わる体調も心配ですし、食べられない食材も多いので、細やかに気遣ってくれる旅館でなければ安心して旅を楽しめません。

今は、妊婦向けのマタニティプランを用意してくださっている旅館もたくさんあります。

とはいえ、妊婦一般の注意事項だけ気にしていればいいというわけでなく、そもそもうちの妻の趣味嗜好もいろいろありますので、そこも考慮に入れなければいけません。というかそっちの方が難関です!

そんなわけで、今回選ばせていただいたのが「ちちぶ温泉 はなのや」さんです。

選ぶときに重要視したのが、まず何より、妊婦が大きなおなかを気にせず入れる貸切露天風呂があること。それから、移動しなくても食事ができる、お部屋食であること。

これは、妊婦であることと妻の個人的好みを考慮してマストの条件でした。

「はなのや」さんは全室露天風呂付きでお部屋食。

事前に電話で妊婦であることをお話すると、色々細やかに対応していただけそうだったので決めました。

元々、秩父温泉で大人気だった「白雲荘」が2013年に閉鎖後、2014年にリニューアルオープンしたのが「ちちぶ温泉 はなのや」。

秩父エリアではとてもリーズナブルだという宿泊料も魅力です。

▲到着すると、門の外まで従業員の方にお迎えしていただきました

▲到着すると、門の外まで従業員の方にお迎えしていただきました

宿のある静かな里山は緑も多く空気がきれいで、妻が外に出ると、車の中に気持ちのよい風が流れ込みます。

客室ごとに違う露天風呂

案内していただいたお部屋は広いだけでなく、天井が高いのでかなりの開放感があります。これには妻もテンションが上がっていました。

確かに、新婚旅行で行ったフランスの宿も、天井が高かったら喜んでいた記憶が。完全に偶然ですがよかったです!

▲浴衣にはお花が飾られていました

▲浴衣にはお花が飾られていました

さっそく浴衣に着替えて、私からお風呂につかります。妻は風呂が長いからです。

1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。