ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

3列シート需要に応えるCX-6発覚!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

▲CX-5の後継モデルとして登場するCX-6には、3列シートが与えられ、ミニバン所有者がターゲットに据えられる。2017年の東京モーターショーで、正式発表される可能性が高い

次期CX-5から派生する多人数乗車可能な車

現在、マツダ系ディーラーが望んでいるのは、ファミリー需要が見込める3列シートのミニバンではないだろうか。しかし、マツダは今春、その需要を満たす、MPVのモデルライフに幕を下ろした。ブランドの方向性や収益性を考え、同社は後継モデルを開発しない方針を固めた。マツダの今後における、多人数乗車モデルへの考え方とは。

国内ラインナップに残っている3列シート車は、プレマシーとビアンテだけ。プレマシーは7年目、ビアンテは9年目に突入しており、どちらも基本設計は古い。マツダがミニバンから距離を置く方針を明確にしている以上、後継モデル登場にも期待できそうにない。

▲プレマシーの現行モデルは2010年に3代目として発表された。当時マツダに在籍していたヴァン・デン・アッカー氏が指揮を執ったNAGAREデザインが反映され、サイドには枯山水をイメージさせるプレスラインが配されている

▲2005年に販売が終わったボンゴフレンディ以来の背高ミニバンとして2008年にリリースされたビアンテ。乗用車感覚で乗れる低いアイポイントが特徴に掲げられた。2013年にスカイアクティブG搭載車を追加設定

そんなマツダが国内投入を検討しているのが、CXー6だ。当初は北米向けの戦略車であるCX-9が日本に投入されるとのうわさ(マツダは否定)があったが、MPVを上回る、全長5065×全幅1970×全高1750mmのボディサイズが、日本の道路事情に合わないことは明らか。より小さな車に白羽の矢が立つのも当然と言えよう。

▲2015年北米、LAショーで披露されたマツダ商品群のフラッグシップにもあたる大型SUVがCX-9。2.5Lターボエンジンが搭載されている。ボディは前述のとおり大型なアメリカンサイズ

CX-6とは聞きなれない名称だが、次期CX-5と並行して開発が進められている、ブランニューモデルのこと。もちろん、ミニバンではなく、CX-5派生のクロスオーバーSUVという位置づけだから、スライドドアもない。

ただ、3列シートは備わっており、マツダとしては同社の車づくりに共感を覚えつつ、「ミニバンほどの居住性は求めないが、3列シートは欲しい」というユーザーに売り込む考えだ。当然、MPVユーザーが最大のターゲットに定められる。

次期CX-5同様、Gベクタリングコントロールが搭載され、スカイアクティブGen2(第2世代)の実用化を待たずに登場する。ミニバンと比べて3列目シートにおける居住性はお世辞にも良いとは言えなさそうだが、スムーズな荷重移動を助けるGベクタリングコントロールやディーゼルエンジンのノック音を抑える周波数コントロール機構により、走行中の快適性は高いはず。CX-6は国内市場を意識しているため、約1年後の東京モーターショーで披露され、ほどなく発売される模様。

※2016年10月12日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

【SPECIFICATIONS】

■予想発表時期:2017年10月

■全長×全幅×全高:4690×1840×1695(mm)

■搭載エンジン:2.2L 直4ディーゼルターボ 他text/マガジンX編集部

photo/マガジンX編集部

関連記事リンク(外部サイト)

今回使用した車をカーセンサーで調べる

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP