ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】宇多田ヒカル『Fantome』好調キープで総合AL連覇、RADWIMPS『君の名は。』順位を上げる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週の総合アルバムチャート“Hot Albums”では、宇多田ヒカル『Fantome』が2位以下に大差をつけて首位を獲得し連覇を達成した。リリースから2週目の集計期間にあたる今回もCDセールスで10万枚以上を売り上げて1位、ダウンロードでも好調を維持して1位、ルックアップ2位として文句なしのポイントで総合1位に立った。2週続けて高ポイントを出していることから、コアファン以外にもしっかり彼女の作品が届いていると言える。今後もチャート上位に入っている可能性は高い。

 今回で7回目のチャートインにも関わらず、2位に返り咲いたのはRADWIMPS『君の名は。』。CDセールス4位、デジタル2位、ルックアップ1位と今回も各指標でバランス良くポイントを積み上げた。映画の方は興行収入は145億円を突破し、もはや一過性のブームではなく国民的アニメになったと言える。3位には、先週から1ランクダウンのEXILE『EXTREME BEST』が入った。CDセールスとダウンロードでポイントを積み上げたが、ルックアップでポイントを伸ばすことができず順位を下げてしまった。

 今週のトップ10内には、洋楽タイトルが2作品チャートインした。4位はノラ・ジョーンズの4年ぶりの作品『デイ・ブレイクス』。CDセールスは7位だがダウンロード3位のポイントを原動力としてトップ5入り。10位のグリーン・デイ『レボリューション・レディオ』もCDセールスよりもダウンロードが好調でトップ10入りを果たした。

◎【Hot Albums】トップ10
1位『Fantome』宇多田ヒカル
2位『君の名は。』RADWIMPS
3位『EXTREME BEST』EXILE
4位『Tow of Us』東方神起
5位『デイ・ブレイクス』ノラ・ジョーンズ
6位『infinite synthesis 3』fripSide
7位『Walkure Trap! 』ワルキューレ
8位『KiLLER BiSH』BiSH
9位『THIS IS Flower THIS IS BEST』Flower
10位『レボリューション・レディオ』グリーン・デイ
※『Fantome』の「o」の正式表記はサーカムフレックス付き

関連記事リンク(外部サイト)

10月17日付 Billboard JAPAN HOT Albums
【ビルボード】ハイスタ、星野源とRADを抑え、初登場でJAPAN HOT100総合首位 ピコ太郎、驚異の動画再生1,300万回超えで総合4位
【ビルボード】宇多田ヒカル『Fantome』アルバム・セールス連覇、東方神起とEXILEがトップ3入り

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP