ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

グロかわいい!?心臓や静脈がモチーフのワインカラフェがユニーク

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エレガント?それとも少々グロテスクと感じるでしょうか。

人によって意見が分かれそうなこちらのデキャンターは、Etienne Meneau氏が手掛けた「ストレンジ・デキャンターシリーズ」

人間の体の器官を彷彿とさせるガラスのチューブにワインを注ぐと、まるで血が通ったように見えるという、なかなか斬新なデザインです。

見た目だけじゃありません

一見、飾りもののようですが、デキャンターとしてちゃんと使えます。

1つのデキャンターには750mlのワインが注げるようになっており、水洗いしたあとは逆さまにしておくと、水切りも簡単に行なえるのだとか。

素材は“ホウケイ酸ガラス”という耐熱ガラスが使用されています。

ロゼワインも素敵

赤ワインを注ぐと衝撃的すぎて…という方は、ロゼや白ワインにすると印象が変わりますよ。

こちらの「ストレンジ・デキャンターシリーズ」は1点2000~2500ユーロ(日本円で約23万円~28万円)で、公式サイトからオーダー可能。

なかにはすでにソールドアウトになっているものもあるので、興味がある方はお早めにサイトから問い合わせてみては?

Etienne Meneau(Strange Decanters)
http://the-strange-decanter.blogspot.jp/

インテリア(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP