ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カスペルスキー、Android Wearとの連携機能を追加した「カスペルスキー セキュリティ 2017」を10月13日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カスペルスキーは 10 月 12 日、Android 対応のセキュリティアプリ「カスペルスキー セキュリティ 2017」を 10 月 13 日に発売すると発表しました。「カスペルスキー セキュリティ 2017」は、現行の「カスペルスキー 2016 マルチプラットフォームセキュリティ」をアップデートしたアプリで、名前も変わりました。価格は 3,980 円(1 年 1 台)~ となっています。2017 年版では、Android Wear がサポートされ、「端末を探す」機能が利用できるようになりました。Android Wear のセキュリティチェック機能はありません。Android Wear では、スマートウォッチの音声コマンドを利用して、スマートフォンのアラームを鳴らし、端末を呼び出せます。スマートフォン母艦のウイルススキャンやデータベースの更新も行えます。また、2017 年版では、セキュリティ保護のステータスがスマートフォンにポップアップで通知されるようになり、現在の保護状況を確認できます。ダウンロード版の価格は、1 年 1 台版が 3,980 円、2 年 1 台版が 6,980 円、3 年 1 台版が 8,980 円、1 年 5 台版が 4,980 円、2 年 5 台版が 9,250 円、3 年 5 台版が 12,150 円、1 年プレミアライセンスが 6,980 円、2 年プレミアライセンスが 11,250 円、3 年プレミアライセンスが 14,150 円です。パッケージ版も用意されています。Source : カスペルスキー

■関連記事
ブラザー工業、スマートフォン用ラベルライター「PT-P300BT」を発表
キューユー、料金まで一目でわかるガソリンスタンド案内アプリ「QU」をリリース
OnePlus、OnePlus 3の改良版を開発中?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP