体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】秋葉原の蕎麦通を唸らせる『十割そば』を食す! @『あきば』

akiba-jyuwari015_r

ガジェット通信編集部のある秋葉原は、何気に美味しい蕎麦が食べられるロケーションにある事は周知の事実ですが、蕎麦に興味が無い人にはどうでも良い事かも知れません。

しかし!

そんな悠長な事を言っていられるのは若いうちだけで御座います。ココ最近、色々な面での衰えを実感する筆者(YELLOW)ですが、あえて言おう!

「脂っぽい料理は若いうちに喰っておけ!」

……と。そして脂っぽい料理がキツくなって来たら、蕎麦の美味しさに注目したら良いのです。

秋葉原屈指の高コスパ店『あきば』

akiba-jyuwari014_r

そんな日本屈指の蕎麦激戦区において、サラリーマンに圧倒的な人気を誇るのが『あきば』で御座います。

朝6:30から営業している“朝蕎麦スタイル”も好評ですが、やはりチェーン店並のお値段で、本格的な蕎麦を食べられる点が人気の秘密かと思います。

akiba-jyuwari013_r

そして!

一日わずか5食分だけですが、限定で『十割そば』(蕎麦粉100%)を出していて、それが蕎麦通の間でジワジワ人気が上がって来ています。

戸隠産の国産高級蕎麦粉、しかも今の時期は“新蕎麦粉”が出回るタイミングですので、ここは積極的に狙うべき案件かと存じます。

『十割そば』を食す!

akiba-jyuwari016_r

というわけで、前回も『十割そば』を狙った筆者ですが、自分の前の人で売り切れると言う絶妙のタイミングで食べ損ねてしまいました……。

だが、しかし!

今回は早い時間にサクっと訪れたので、どうにか食べる事が出来ました。

『十割そば』は大盛り一択である!

akiba-jyuwari019_r

『あきば』の十割蕎麦は800円とリーズナブルですが、何気に大盛りでも1000円なので、コスパが一番高いのは大盛りで御座います。

akiba-jyuwari017_r

っていうか、値段どうこうよりも『あきば』の『十割そば』はかなり美味しいので、体の方が大盛り以外の選択肢を受け付けないと言っても過言ではありません。

akiba-jyuwari023_r
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy