ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宇多田ヒカルの一言でラジオ革命?シェアラジオ始まる

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEでは、10月11日(火)正午から、シェアラジオ・ 民放ラジオ 特別番組「サントリー天然水 Presents 宇多田ヒカルのファントーム・アワー」を放送します!

■ラジオを聴き直せる「タイムフリー聴取機能」
2016年10月11日(火)より、無料のPC・スマホアプリ「radiko.jp(ラジコ)」の新機能「タイムフリー聴取機能」がスタートします。これは、ラジオ番組放送後、1週間に限り、いつでも後から聴くことができるという機能。これで、聴き逃してしまった番組も聴くことができるというわけです。

■SNSでラジオを「シェア」しよう
さらに、あなたのお気に入りの番組をSNSやメールでシェアできる機能も付いています。radiko.jpの聴取画面にあるシェアボタンを押すとSNSやメールを通じてURLが発行され、クリックすると、指定された時点からラジオ番組を聴くことができるようになります!

■ 宇多田ヒカルによる特別番組をオンエア!
この「シェアラジオ」を体験していただくために、全国の民放ラジオ101局が、特別番組
サントリー天然水 Presents「宇多田ヒカルのファントーム・アワー」を10月11日(火)から17日(月)までオンエア。

同番組では、番組内で流れるジングルからBGMまでを宇多田ヒカルさんが自ら制作。8年ぶりのリリースとなるオリジナルアルバム「Fantôme」に込めた思いを楽曲を流しながら紹介します。

宇多田ヒカルさんはデビュー時から、ラジオのほか、ブログなどのインターネットを介して直接ファンに語りかける「アーティストのコミュニケーションスタイル」を切り開いてきました。そんな宇多田さんは、2014年3月に最終回を迎えたラジオレギュラー番組「KUMA POWER HOUR with Utada Hikaru」(InterFM)のエンディングで、こんなことを語っていました。

「今後、ラジオが例えば、番組が放送されたあと一定期間ストリーミングでネットで聴けるとか<中略>そうゆうようなポジティブな変化が今後どんどん進んでいくといいなと思っています。ラジオと現代の生活スタイルとか、他のメディアをこう全部繋げるような変化があるといいな」

この宇多田さんの提言に、ラジオ側が応える形となった「タイムフリー聴取」「シェアラジオ」を体験できる今回の特別番組。この放送を、全国民放ラジオ101局の中でJ-WAVEを含めた5局(J-WAVE、ラジオNIKKEI第2、エフエム岩手、FM NIIGATA、FM COCORO)が、先陣を切ってオンエア予定!

J-WAVEでの放送日時は、10月11日(火)正午から。放送を聴いてぜひ、シェアしてみてください♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。

【番組情報】
番組名:「サントリー天然水 Presents 宇多田ヒカルのファントーム・アワー」
J-WAVEでの放送日時:10月11日(火)12時〜12時54分
オフィシャルサイト:http://shareradio.jp/#section_utada

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP