体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「お祭りではルールやマナーを守りましょう」正妻vs年上愛人のトラブル勃発~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

genji-19

京都三大祭りといえば、『祇園祭』『時代祭』そして『葵祭』ですね。源氏物語の時代は、祭りといえば『葵祭』を指したと言われています。今回は伝統ある祭りの日に起きた、衝撃の事件のエピソードです。

桐壺帝退位、新しい時代の幕開け

朧月夜との出会いから2年が過ぎ、源氏22歳。桐壺帝は退位し、桐壺院に。代わって源氏の兄・皇太子が朱雀帝(すざくてい)として即位しました。弘徽殿女御は皇太后(以下、太后)の位に進み、新しく皇太子になったのは、源氏と藤壺の宮(以下、宮)の間に生まれた皇子です。

桐壺院は宮とともに宮中を出て、今は普通の夫婦のように暮らしています。お住いで音楽会などをたくさん開催し、重圧から開放されてのんびりとお幸せそうです。

気がかりなのは、皇太子となった幼い第十皇子(源氏の子ですが)。東宮御所は宮中にあるので、一緒に暮らせないことが残念でした。桐壺院は後見役を源氏に頼み、源氏は心やましくも嬉しく思います。

新帝が即位されると、先帝の妃たちも宮中を去るわけですが、太后は今も居座り、息子の帝にアレコレ口出し。夫の愛が得られなくなったあと、息子に入れあげるお母さんという感じ。

源氏もこの2年で身分も重くなり、おいそれと浮気歩きも出来なくなりました。源氏に放置された女性たちはあちこちで涙を流しているが、源氏自身は宮の冷たい態度を嘆いている…というところから始まります。

「面倒くさい女になりたくない」年上の愛人の苦悩

新しい天皇が即位されると、何かと変化があるものです。現在でも元号が代わったりしますが、この時代は伊勢神宮の祭司になる皇女(斎宮)が交替しました。新しい斎宮には、六条御息所(以下、六条)の娘が選ばれます。

夕顔に出会った頃、源氏が熱心に通っていた六条。聡明で美しく、趣味の良い7歳上の未亡人。源氏は彼女に憧れていましたが、その関係はあっという間に冷え切り、時だけが過ぎていって、今やすっかり終わった状態。

今や手紙のやり取りだけが続く日々に、彼女は「このまま京にいても辛いだけ。娘と一緒に、伊勢に行ってしまおうかしら」と考えていました。普通はお母さんがついていったりはしないのですが、源氏から離れる口実がほしかったのですね。

桐壺院は話を聞いてご不快で、源氏を叱ります。「彼女は、私の亡き兄弟がこの上なく大切に愛していた人だ。そこら辺の女のように軽く扱うのは頂けない。結婚するでなし、別れるでなし、中途半端な事をしているとお前が非難されてしまうよ。相手に恥をかかせず、どの女性も大事にしてあげなければ」。

うーん、源氏の母・桐壺更衣を異常なほど愛し、はては死なせた桐壺院に言われたくないセリフですね。

それでも、父の説教は源氏の心に刺さります。(確かに、あの人は身分も高く、ただの愛人というのは自分にも相手にも都合が悪い。でも気の毒だけど、正妻にするという決心がつかない……)。源氏は彼女の重く、気難しいところが負担になって、プロポーズをしていないのです。

六条御息所は自分が7歳年上で、プライドの高さも手伝い、「結婚するのしないの、はっきりしてよ」なんてことは言えません。そんな面倒くさい女になりたくない。でも、(桐壺院はじめ、世間の誰もが私達のことを知っているのに…)。けじめを付けない源氏の不誠実さに、六条は傷ついています。

長くつき合って来たけど、いざ結婚となると彼のほうが煮え切らずイライラ。あるいは、「妻と別れてお前と結婚するよ」といいつつ別れてくれない相手との不倫、のような感じ?(重婚なので、必ずしも妻と別れる必要はないですが…。)

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。