ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MVNOユーザーが全体の14.7%に、楽天モバイルがシェアトップ(MMD調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MMD 研究所が 10 月 6 日に公開した「2016 年 9 月格安 SIM サービスの利用動向調査」の結果によると、MVNO サービスの中で「楽天モバイル」の SIM カードを利用している人が全体の中で最も多いことが分かりました。調査対象となった 15 ~ 69 歳までの 35,161 人のうち、14.7% となる 5,171 人が MVNO サービスのユーザーであることが分かり、このうち 20.7% が「楽天モバイル」ユーザーでした。5 人に 1 人は「楽天モバイル」を利用している模様です。次に多かったのは「OCN モバイル ONE」の 13.5%、3 番目は「IIJmio」の 9.2% でした。現時点では、「楽天モバイル」が頭ひとつ抜け出しているような印象です。ただ、サービスの認知度では「楽天モバイル」が 55.6& なのに対して、「OCN モバイル ONE」は 23.2%、「IIJmio」にいたっては 13.0% と低いわりに上位に食い込んでいることから、この 2 社の認知度が上がると「楽天モバイル」を軽く抜く可能性もあります。また、MVNO の SIM カードを使用するデバイスとしては Android スマートフォンが全体の 52.8% を占め、最も多かったのですが、MVNO の端末セットのほとんどが Android であることを考えると、半数ほどであることは意外と少ないと思います。MVNO サービスの利用者としては、データ通信だけと音声通話も利用する人に大別されますが、MVNO ユーザーの中でデータ通信プランのみを利用していると回答した人は 46.2% で、音声通話プランは 53.8% と、音声通話プランの利用者が多いことが分かりました。Source : MMD

■関連記事
OnePlus、OnePlus 3向けのAndroid 7.0を開発しているところを動画で紹介
Google、Pixel / Pixel XLで触覚フィードバック機能を改善
Google Playストアアプリのデザインが一部刷新

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP