体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

武田と哲也のデビュー記念ライヴにファン集結! 鈴木雅之から祝福コメントも到着!

武田(TAKE from Skoop On Somebody)と哲也(村上てつや from ゴスペラーズ)によるデュオ・武田と哲也が、東京のディファ有明でライヴを開催した。
10月5日@ディファ有明 (okmusic UP's)
単独公演5回目となる本公演『SOUL POWER presentsシルクの似合う夜 part5』は、デビューミニアルバムの発売を記念し東名で開催されたもので、貴重なライヴだけにチケットは2公演ともソールドアウトした。

武田と哲也の結成10周年を祝おうと集まったファンで会場は満員。客席に通ずる左右の扉から登場した2人に、観客は総立ち。大歓声の中、客席のど真ん中でがっちり握手を交わし肩を組むと、ステージに上がりレぺゼン(自己紹介)ソング「SOUL WRAPPIN’」でパーティーの始まりを告げる。

『俺たちのライヴは、いつもこの曲から始まる』(村上)と告げ、アイズレー・ブラザーズのカバー「BETWEEN THE SHEETS」へ。ライヴ前半はアース・ウィンド・アンド・ファイヤー、ロバータ・フラック、スティービー・ワンダーなど、2人の愛する洋楽アーティストのカバー曲を披露。バラードやミディアムを中心にセレクトした構成で会場を甘く酔わせ、ソウルの聴かせどころを抑えたアレンジもお見事だった。

中盤では、お互いのグループの曲をカバー。関西出身の武田が歌ったのはゴスペラーズの「新大阪」。哲也が歌ったのは、Skoop On Somebodyの「Nice’n Slow」。互いにリスペクトし合っていることを自分の声を使って体現していた。

後半は、デビューミニアルバム『LOVE TRACKS』のジャケットでも着ている白のスーツで登場。ステージ中央でジャケットと同じポーズを決めると、アルバムのオープニングを飾る「EASY LOVE」へ。2人のクラップに合わせて観客の両手も挙がった。

そして、『武田と哲也のテーマのひとつが“海”。皆さん、海に出掛けませんか』(武田)と「NITE CRUSE」へ。続いて『哲也も大好きなムードのあるR&B、ソウル』(武田)という言葉から「LADY CANDLE」を披露し、デュオの真骨頂を響かせた。

観客、この日来場出来なかったファン、そしてスタッフ全員に感謝の気持ちを述べ始まった「4U」。CDよりもへヴィーなビートで観客を躍らせたファンキーチューン「LOVE SOUND」では、歌のフレーズを使い、観客とコール&レスポンス。最後は観客の歌声に2人がフェイクを入れてライドオン。本編ラストの「HEAVEN」では、楽曲後半の♪愛してるよ♪の歌詞に合わせ、ステージ上でひざまずいた2人の姿に、会場はこの日1番の盛り上がりを見せた。

アンコールは『LOVE TRACKS』の特典DVD(初回限定生産盤)にのみ収録されている「BEACH」を含む全3曲。ラストを飾ったのは、このデュオの名付けの親、鈴木雅之のカバー「さよならいとしのBaby Blues」だった。

今回のデビューに際し、武田と哲也にゆかりある鈴木雅之、InterFM DJ OSSHY、FM802 DJ中島ヒロトから温かいメッセージが到着。コメント全文は以下の通り。

text by 伊藤亜希

【コメント】
■鈴木雅之

ソウルパワーサミットでサプライズ・デビューしてから10年!!

何とあの「タケテツ」がアルバムをリリースした。名付け親の私としても嬉しいかぎり。

まさに継続は力なり!しかもソウルパワーだけに気を付けて下さい。きっとあなたの心も”メロメロ”にしちゃいますから!!

今年還暦を迎えた

鈴木雅之

■InterFM DJ OSSHY

男も惚れる、奇跡のデュオ。

日本において、彼ら二人ほど、心揺さぶられる歌声、艶のある、絶妙なハーモニーを聴かせてくれるデュオを、私は今まで知らない。

“King of Love Song” マーチンこと鈴木雅之さんが、太鼓判を押す彼らの絶妙なコンビネーション。

単に、ヴォーカリストとして卓越した者同士が組むことで、素晴らしいコラボになるとは限らない。

長年にわたって築かれてきた、二人の信頼関係が、その歌声のコンビネーションにあらわれている。

深まる秋。極上のラヴ・ソングが聴きたくなる季節。そんな気分を満たしてくれる、

愛溢れる素晴らしい歌声と、素敵なメロディーの数々。まさに極上のLove Tracks。

マーチンDNAを受け継いだ、男も惚れる歌声。本物のジャパニーズ・ソウル・デュオの登場を心から応援する。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。