ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ピンク・フロイド 超レアBOX SETから「大人への躍動」最新MV公開!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ピンク・フロイドの前代未聞の超レア音源・映像の集大成したボックス・セット『The Early Years 1965-1972』から、最新MV「大人への躍動(Childhood’s End)」が公開となった(https://youtu.be/SnTz09-nk9c)。

 この映像は、伝説的なピンク・フロイドのアートワークを数多く手がけたデザイナー集団ヒプノシスのオーブリー・パウエルによって新たに制作されたオフィシャルミュージック・ビデオ。

 「大人への躍動」は、バーベッド・シュローダー監督の映画『La Vallee』のサウンドトラックでもある1972年に発表されたピンク・フロイド7枚目のアルバム『雲の影』に収録されたナンバーで、このヴァージョンは長年ピンク・フロイドやメンバーの作品にエンジニアやプロデューサーとしてかかわってきた音職人、アンディ・ジャクソンとデーモン・イディンスによって、2016年にオリジナル・マスターテープからリミックスが行われた「最新リミックス・ヴァージョン」で本邦初公開となる。

 デヴィッド・ギルモア作のこの「大人への躍動」は『雲の影』収録曲の中でライブで演奏された数少ない曲の一つ。1972年12月1日からスタートしたピンク・フロイドのヨーロッパ・ツアーや1973年3月の北米ツアーなどで演奏された。この未発表の最新2016リミックスは『The Early Years 1965-1972』ボックス・セットともに、2CDハイライト盤『THE EARLY YEARS1967-1972 – CRE/ATION』にも収録される。

 ピンク・フロイドが膨大なアーカイブから未発表音源・映像を含む27枚組の豪華ボックス・セット『The Early Years 1965-1972』には12時間33分、130トラックからなる音源と、15時間を越える映像が新たなサウンド・ミックスとともに収録。

 更には、レプリカのジャケットに納められた7インチ・アナログ・シングル、貴重なコレクタブル・グッズなど特典も満載。ピンク・フロイドのアーカイブ・コレクションとしては過去最高のボリュームの未発表アイテムを収録する前代未聞のボックス・セットとなる。

 ピンク・フロイド初来日公演でもあった1971年8月箱根芦ノ湖畔で行なわれた伝説のフェスティバル【箱根アフロディーテ】出演時の「原子心母(Atom Heart Mother)」のライブ映像が45年の月日を経て収録されることも決定した。

 また、この豪華ボックス・セットに加え、ボックスからのハイライトを収めたCD2枚組アルバム『The Early Years – CRE/ATION』が国内盤として11月16日発売される。

◎限定27枚組BOXセット
PINK FLOYD『THE EARLY YEARS 1965-1972』
2016/11/11(金)Release 輸入盤
特典:7インチ・アナログ・シングル5枚、コレクタブル・グッズetc
ソニー・ミュージックジャパン限定特典 ※この特典は、ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルから出荷される商品にのみ封入(日本製作)
※輸入盤の為、販売店により価格が異なります

◎2CDハイライト盤
PINK FLOYD『THE EARLY YEARS1967-1972 – CRE/ATION』
2016/11/16(水)日本盤 SICP4994~5
3,600円(税別)

関連記事リンク(外部サイト)

俳優ベネディクト・カンバーバッチがD・ギルモア公演でピンク・フロイドを歌う
ピンク・フロイドがイギリスで郵便切手に
ピンク・フロイドのデヴィッド・ギルモア、ニューアルバムの詳細を発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP