ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

こだわりが行き渡っていて贅沢! 「日本料理 湯木 永楽町」のローストビーフ丼

DATE:
  • ガジェット通信を≫

みなさんこんにちは。メシ通レポーターのsenaです。

今回は大阪・北新地にある「日本料理 湯木 永楽町」におじゃましてきました。

高級日本料理屋さんなので、夜は少し緊張してしまう……。

でも、お昼だと値段もカジュアルなので、入りやすいですよね。

今回はローストビーフ丼

その名を聞くだけで、じゅるりしてしまいます。

ローストビーフ丼って特に最近よく耳にしますが、その中でも「湯木のローストビーフ丼は、こだわりが半端ない!」ということで行ってまいりました。

お昼の北新地は梅田から歩けるのに、そんなに混んでいないので、穴場でおすすめかもしれません。

ちょっと今日は頑張ったから、頑張らないといけないから、「パワーをつけるぞ!」っていうのもいいですね。

店内はカウンターもあって、ひとりでもふらっと立ち寄れます。

「日本料理 湯木 永楽町」には個室がなく、カジュアルに楽しんでいただくスタイルで、料理を提供されているそうです。

料理されている方もみなさん女性で、細やかな気配りで食事が楽しめる雰囲気です。

お昼のメニューはこちら。

もちろん、「話題のローストビーフ丼御膳」を注文しました。

「お食事の前にこちらのだしをお飲みいただいています」

と出てきたのがこちら。

だしです。

湯木の基本だしで、焼きあご・真昆布・かつお節・うるめいわしと、国産の原材料を使用しているそう。

このだし、本当においしい!

あっさりしている中に、ひとつひとつの味が感じられて、それぞれが調和してる。

いくらでも飲めそうです。

▲話題のローストビーフ丼御膳(2,160円)

料理の、この器のふたを開ける時ってドキドキしますよね~。

これってわたしだけですか?

開けると……

なんとお肉がピカピカに光っています!!

もう本当にとろけるウマさ

あついご飯の上にのせてるから、お肉の油がとけだしてきて、更にピカピカに。

このとろけるお肉は九州産を厳選されているそうです。

内腿ではなくサーロイン。だからとんでもなくやわらかい。

かまなくても食べられるってこのことや!

特別にお肉の仕込みを見せてもらいました。

どどん。

もう、この時点で絶対においしいですよね、間違いない。

お肉だけではなくて、全てにこだわりが。

塩はローマ法王に献上されていた、イタリア・チェルビア産の海塩を使用されているそうです。

タレは醤油ベースで、オリーブオイルは長く炊いたニンニクが入っているそうです。

そうすることによって、ニンニクの匂いの成分は飛んで、うま味だけが残ると。

だからニンニクの味が前に出てこないんですね!

お味噌汁もさすが、料亭! という感じ。

香りよく、甘くておいしい!!

鯛のあらでだしを取っていて、白みそ仕立てだそうです。

あと、サラダのドレッシングにもこだわりが。

甘酢を使用した湯木特製のドレッシング。

砂糖は全く入っておらず、天然地下水と米麹で作られているそうです。

このオリーブオイルとドレッシングは販売もしているそうですよ。

タレに使用しているオリーブオイルも、上質なエキストラバージンオリーブオイルで、炒めものやスープの他にも、肉じゃがや生姜焼き、刺身の醤油に入れてもおいしいそうです。

そのままかけても、絶対おいしい!

香の物には高級明太子「誉」が味わえて、どこを食べても美しくて丁寧な味。

季節の選べるアイスはほうじ茶アイスをいただきました。

コクのあるほうじ茶で、舌触りがさらっとしたアイスでした。

ごちそうさまでした!

大大大満足の贅沢なお昼ご飯を、すてきな空間でいただくことができました。

またぜひ行きたいお店でした。


お店情報

日本料理 湯木 永楽町

住所:大阪府大阪市北区曽根崎新地1-7-21 エスパス北新地8 1F

電話番号:06-6454-3111

営業時間:ランチ 11:30~14:30(LO 13:30)

ディナー 17:30~22:00(LO 21:00)

定休日:日曜日・祝日

ウェブサイト:http://www.kitashinchiyuki.com/

※金額はすべて消費税込みです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:sena

大阪生まれ大阪育ち/もの書き/すきなもの/肉/アイス/わたがし/とうもろこし

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

【タベアルキスト】『つくりびと 食べる通信 from おおさか』 能勢栗【銀寄】~食べる通信を食べてみる 8食目!
幻の「お好み焼きの天ぷら」を求めて【大阪】
これラーメンじゃないの!? カルボナーラの概念を超える「sketch.」の創作ガツ盛りカルボナーラ【京都】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP