ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プレゼンで大活躍!テレビ画面をホワイトボード化するインタラクティブツール「GoTouch」に注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

テレビやプロジェクターといった任意の画面を、ホワイトボードのように使いこなすことができるインタラクティブツール。

先陣を切ったのはイスラエルのスタートアップによるBIRDだが、それと同等の機能を持つデバイスがKickstarterに登場。すでに目標の2倍に当たる資金を調達している。

・付属のペンで画面に書き込みができる!

ご紹介するのは韓国のスタートアップ、Anyractiveが開発した「GoTouch」。パソコンやスマートフォン、タブレット等の端末と連携し、テレビやプロジェクタの画面を、電子黒板のように使えるツール。スキャン用の本体と、赤外線センサーを内蔵した付属ペンのセットで利用する。

セットアップは数分で完了する。出力用の端末と表示用の画面を接続し、本体をその前に置けばいいだけ。Bluetoothとの連携で、映像は即座に画面へ映し出される。

プレゼンの際は、付属ペンをフルに使いたい。本体のカメラがペンの動きをトレースし、画面に文字やグラフを書き込めるようになっている。内蔵センサーが高精度なので、ペンの動きは少しの遅れもなく、リアルタイムで画面に反映される。

・専用アプリで他のユーザーと共同作業

専用アプリを使えば、他ユーザーとの共同作業も可能。スマートフォン上で注釈を付けたり、動画や画像、ウェブサイトのロードもできるようになる。遠隔ミーティングでも、大いに実力を発揮してくれそうだ。

一歩先行くプレゼンを演出してくれそうな「GoTouch」。Kickstarterでの公開は、10月27日まで。プレオーダーは、89ドル(約9100円)から受け付けている。

GoTouch/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP