ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サイモン・ペッグがJ・Jらと共に8年ぶりに日本へ! 『スタートレック BEYOND』のスペースドックが新宿に現る

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

10月21日よりいよいよ公開となる、シリーズ最新作『スター・トレック BEYOND』。今作の公開を記念し、製作のJ・J・エイブラムス、監督のジャスティン・リン、そして“スコッティ”役であり、今作では脚本も務めるサイモン・ペッグの来日決定!! 3人が登壇する緊急プレミアが開催されます。

サイモンの来日は『ホット・ファズ 俺たちスーパー・ポリスメン!』のプロモーション以来8年ぶり。近年ではコメディ映画のみならず主演作が続々と公開され、『ミッション・インポッシブル』シリーズで“ベンジー”役を務めるなど、そのどこか身近でチャーミングなキャラクターに人気が高まっているサイモン。この8年の間にファンになり、ひと目会いたいと願っていたファンも多いのではないでしょうかッ。

<来日陣による緊急プレミア>
来日する3人が登壇するのは、10月19日(水)新宿のどこかに出現する23世紀のスペースドックでおこなわれる緊急プレミア。シリーズで初めて共同脚本も務めるサイモン・ペッグ、元々シリーズのファンであったがために、製作途中の作品を蹴ってまで本作への参加を決定したジャスティン・リン監督、リブート版『スタートレック』を世に送り出し、今作では製作にまわったJ・J・エイブラムス。『スタートレック』50週年を迎えて贈る、新たなるシリーズ最新作の魅力を是非語り尽くしてもらいたいところ。

また、今作の撮影ののち、今年6月に事故で急逝し、深い悲しみを呼んだ若き才能アントン・イェルチンへの想いも語ってくれるのではないでしょうか。

『スタートレック BEYOND』は、無数の飛行物体により襲撃を受けたエンタープライズ号と散り散りになった仲間たち、ある決断を胸に秘めたままたったひとりで見知らぬ土地へと投げ出されたキャプテン・カーク(クリス・パイン)の戦いを、空前のスケールで描く物語。キャストは前作に続きザッカリー・クイント、カール・アーバン、ゾーイ・サルダナ、アントン・イェルチン、ジョン・チョウらの他、新キャストとしてイドリス・エルバ、ソフィア・ブテラが加わっています。

今回の来日により更なる盛り上がりを見せるであろう映画『スタートレック BEYOND』は、10月21日より公開です。どうぞ、お楽しみに!

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。