ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ストレート型『ポメラ』が『ATOK』搭載とWi-Fi対応でパワーアップ キングジムが『DM200』を発表

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


キングジムはデジタルメモ『ポメラ』の新モデルとして、ストレート型の製品『DM100』の後継モデルとなる『DM200』を発表しました。

『ポメラ』は、電源をオンにしてすぐに起動し、テキスト入力に特化した機能で人気のデジタルメモ。2008年に発売した『DM10』から2013年に発売した『DM25』まで、シリーズ累計で30万台以上を販売しているそうです。


折り畳み式キーボードが特徴だった『ポメラ』に、キー入力のしやすさを重視してストレート型モデルを追加したのが2011年に発売した『DM100』。薄型のクラムシェル構造、入力しやすいキーピッチ17mmという特徴はそのままに、ディスプレーを7インチワイドTFT液晶に大画面化し、シリーズで初めてリチウムイオンバッテリーを搭載して18時間の連続駆動を実現。モバイルバッテリーからの充電も可能になっています。



本体サイズはW263×D120×H18mm、重量は約580g。インタフェースには、パソコンとの接続と充電に利用するmicroUSBポート、最大32GBのSDHCカードスロットを搭載します。Bluetooth 4.0+EDRに対応し、iOS9.0以降、Android4.4以降の端末のBluetoothキーボードとしても利用可能。最大開閉角度は160°で、ひざの上に乗せて入力しても画面が見やすい設計になっています。



ソフトウェア上の最大の特徴は、『DM200』向けにカスタマイズした日本語入力システム『ATOK for pomera [Professional]』を搭載したこと。文脈に応じた適切な変換が可能になったほか、固有名詞や時事用語の登録、人文科学、法律経済、アニメ、エンタメなど17種類の補助辞書の使用により登録語は約3倍に拡充。入力ミスを見抜いて入力をサポートする入力支援機能も搭載します。


編集機能では、最大10階層のツリー構造で文書を表示し、見出し単位で階層や位置を変更できる“アウトライン機能”を搭載。論文や記事などの長文の作成をサポートします。



Wi-Fi機能を搭載し、文書データの連携を強化しています。従来のQRコードによるスマートフォンなどへの読み込みに加えて、作成した文書をiPhoneやMacのメモアプリと同期して双方から編集できる『ポメラSync』が利用できるほか、文書のメール送信、クラウドストレージへのアップロード、無線LAN対応プリンターからの出力が可能になりました。

『DM200』は10月21日に発売、価格は4万9800円(税別)です。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP