ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「Googleドキュメント」のAndroidアプリがRTLレイアウトや改ページの挿入、ゴミ箱機能に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が自社の文書作成アプリ「Google ドキュメント」の Android 版を v1.6.372 にアップデートしました。今回のアップデートでは、改ページの挿入、アラビア語やヘブライ語などの右から左に記述する言語のレイアウトのサポート、また、先日紹介した「ゴミ箱」機能が追加されています。改ページはその行でページを次に切り替える文書作成の基本機能で、会社で Word 文書を作成している方には馴染みのある機能だと思います。これにようやく対応しました。アプリでは、編集画面の上部に追加された「+」アイコンのメニューから改ページを挿入することができます。「Google ドキュメント」(Google Play ストア)

■関連記事
ソフトバンク、Nexus 6PにNBD90Xビルドへのアップデートを配信開始
「Googleスプレッドシート」にグラフの自動作成機能が追加、「Googleスライド」はRTLレイアウトに対応
Sony、ハイレゾ・LDAC・DSEE HX・ワイヤレスNC対応のBluetoothヘッドホン「MDR-1000X」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP