体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

全部でらうみゃー! なごやめしライターが激オシする駅弁はコレだ【大名古屋駅弁図鑑】

f:id:Meshi2_IB:20160831094232j:plain

電車での旅の楽しみといえば、駅弁。車窓からの景色を眺めながら、その土地の名物を詰め合わせた弁当を肴に缶ビールをグビリ。これ以上の贅沢があるだろうか。フリーライターという仕事柄、私は地方都市を訪れる機会が多い。そのたびに感じることは、駅弁の種類の少なさ。全国からうまいものが集まる東京駅は別として、大半の駅では幕の内以外の名物駅弁が2、3種類しかないのだ。

一方、わが街、名古屋はというと、味噌かつや海老フライ、ひつまぶし、コーチンなど「なごやめし」の種類の多さに比例して、駅弁も選ぶのに迷うほど。

しかも、どの駅弁も地元の飲食店で食べるのと変わらないほどクオリティが高い。名古屋を訪れたものの、食べ損ねた「なごやめし」を駅弁で十分カバーできると言っても過言ではない。そこで今回は、私、永谷が実食した上でセレクトしたオススメの駅弁を紹介しよう。

名古屋名物がズラリ!

名古屋には「松浦商店」と「名古屋だるま」、2つの駅弁のメーカーがある。いずれもJR・近鉄名古屋駅構内で販売している。

「松浦商店」は大正11年創業の老舗。明治時代に大須で営んでいた料亭がルーツだけに、幕の内弁当は定評がある。味噌かつやひつまぶしなど「なごやめし」をモチーフにした弁当も食材や調味料にこだわり、昔ながらの地元の味を追求している。

では、そんな「松浦商店」の駅弁からまずは紹介していこう。

最初のオススメ駅弁はこちら!

f:id:Meshi2_IB:20160831093428j:plain

「天下とりご飯」(1,100円)。

f:id:Meshi2_IB:20160831093524j:plain

昭和12年に発売した「親子めし」がルーツの大ベストセラー商品。鶏だしで炊いたご飯に鶏そぼろと卵そぼろを敷き詰めた「とりご飯」は言うまでもなく、チキンカツや鶏肉の磯辺揚げ、つくね串など鶏づくしのおかずも美味。

次はこちら。

f:id:Meshi2_IB:20160831093643j:plain

「名古屋おもてなし弁当」(1,100円)。

f:id:Meshi2_IB:20160831093710j:plain

鰻まぶしご飯と天むす、あんかけスパ、味噌かつ、海老フライなどなごやめしを一度に味わえる弁当。注目すべきは、朱色の「なごや蒲鉾」だ。

ボリューム重視の方にはこちら。

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。