ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

さかいゆう【THE ROOTS OF MUSIC】スティーヴィー・ワンダー&美空ひばりカバーを披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 さかいゆうが、9月30日と10月1日に開催されたライブシリーズ【THE ROOTS OF MUSIC Vol.4】に出演。スティーヴィー・ワンダーと美空ひばりのカバーを披露した。

さかいゆう ライブ写真

 このライブシリーズは、アーティストが自身のルーツ・ミュージックをカバーで届けるというもので、第4弾となった今回は、さかいゆうがリスペクトする洋邦それぞれ2アーティストの曲をカバーするイベント【RESPECT】とのコラボレーション【American Express presents InterFM897×COTTON CLUB THE ROOTS OF MUSIC Vol.4 さかいゆう “RESPECT Vol.2”】として開催された。

 さかいゆうは登場後、ステージで一礼をすると、グランドピアノに座りメロディーを奏で始めた。ファルセットを効かせた歌声にバンドメンバーも交わり、スティーヴィー・ワンダーの全米No.1ヒット曲「Supersccon」で本編がスタート。ブレイクを挟んだまったく新しいアレンジで、最後はシャウトを披露した。

 続く2曲目「真赤な太陽」が終わるとキーボードに移動。「コットンクラブはいつも観に来ている会場。ライブをやるのは初めてで、ステージからの景色に感動してます!」と語り、観客に手拍子を誘い披露したのが、美空ひばり最高売上シングル「柔」。演奏後は「この曲は弾いても歌っても楽しい!」と噛み締めたような表情を見せた。

 再びピアノに移ると、ゲストボーカル大和田慧を招き入れ、スティーヴィー・ワンダー「Isn’t She Lovely?」を披露。続いて、怪しげなピアノの低音とともに始まったのが美空ひばり「お祭りマンボ」。半世紀以上も前の曲を、さかいゆうがファンキーなアレンジで現代に蘇らせた。

 さらに、スティーヴィー・ワンダーの1974年グラミー賞最優秀アルバム部門受賞作品『インナービジョンズ』から「Golden Lady」を演奏。曲が終わり、ステージにさかいゆうとギターが2人きりになったところで、美空ひばり生前最後のシングル「川の流れのように」、スティーヴィー・ワンダー「Lately」をシンプルな弾き語りで演奏した。

 再びバンドメンバーがステージに登場すると、曲を始める前にスティーヴィー・ワンダーのマニアックな制作秘話を語り、「Higher Ground」で本編を終了させた。

 アンコールでは、バンドメンバーとゲストボーカル大和田慧を一人ずつ紹介。「美空ひばりさんの曲の中で一番好きな曲」と語り「愛燦燦」を演奏。歓声に包まれる中、深く一礼しステージを後にした。

 なお、このライブの模様は、10月12日20時からInterFM897で放送される。

Photo by 高田梓

関連記事リンク(外部サイト)

特集:“日本のブラック・ミュージック~シティ・ポップス”の系譜 小坂忠、鈴木茂、さかいゆうとの問答で振り返る
さかいゆう 新曲「再燃SHOW」が陣内孝則監督映画『幸福のアリバイ~Picture~』主題歌に決定
さかいゆう 全国ツアー【4YU】圧巻のパフォーマンスで終焉! 年末にスペシャルライブ開催発表も

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP