ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界一周航空券でこんな旅【4】世界の注目の建築を巡る旅

DATE:
  • ガジェット通信を≫

TABIZINEライターの坂本正敬です。世界一周航空券をご存じですか? 過去記事「33万5000円で世界を周遊!?「世界一周航空券」の基本をおさらい」でも触れた通り、世界規模でパートナーシップを結ぶ航空会社のネットワークを駆使して、世界一周の旅を可能にしてくれるチケット。この連載では、世界一周航空券を提供するスターアライアンスが提案する世界一周旅行のルートを追ってみたいと思います。

■あわせて読みたい
世界一周航空券でこんな旅【1】一生に一度はこの目で見たい世界遺産を巡る旅
世界一周航空券でこんな旅【2】世界中にある感動の大自然を巡る旅
世界一周航空券でこんな旅【3】世界中にある美しい水辺を巡る旅

第4回は世界の注目の建築を巡る旅。

世界一周航空券を使った今回のツアーは、最初にアメリカのフロリダ州にあるマイアミへ向かいましょう。


日本から見て東に向かって地球をぐるりと周る旅の始まりです。

1:日本→アメリカ/マイアミとシカゴのアール・デコ建築


最初はアメリカ東海岸の南端、メキシコ湾に伸びたフロリダ半島の先っぽ近くにあるマイアミの建築から。

マイアミにはアール・デコ地区と呼ばれる保存地区があり、そのビーチ沿いのエリアに、フランスで1920~30年代に流行したデザインを大胆に取り入れる建築物が並んでいます。「そもそもアール・デコって?」と思うかもしれませんが、植物のつるような曲線の重なりを多用するアール・ヌーボーに対するデザインの考え方。機械文明や機能美を重視し、左右対称の三角形や長方形、円形、ひし形など、パターン化された図形と線を好むスタイルになります。

ビーチ沿いに並ぶ建築を歩いて回るツアーも用意されていますので、のんびりと散歩を楽しみたいですね。また、シカゴにもアール・デコ建築で有名な建物があります。シカゴ商品取引所の入る超高層ビルです。『バットマン・ビギンズ』など映画のロケ地にもなる、シカゴのランドマーク。米国の国定歴史建造物などに登録されています。

2:米国→ブラジル/ブラジリア


次は米国からブラジルの首都ブラジリアへ。ブラジル高原に広がっていた何もない荒野に、上空から見ると飛行機のような形をした″理想の町”を、芸術家たちが一からデザインして作り上げました。

あの偉大な芸術家ル・コルビジェの都市に対する理想像が完全な形で採用されている点も注目です。その都市計画の珍しさが評価され、世界遺産にも登録されています。

3:ブラジル→スペイン/バルセロナのガウディ建築


次なる目的地はブラジルから大西洋を渡ってスペインのバルセロナへ。

目的はガウディの建築、サグラダファミリアになります。「未完の教会」「死ぬまでに見たい世界遺産」など、日本での知名度も抜群ですよね。ただ、現地での観光は長蛇の列を覚悟しなければいけません。スペインに旅慣れた人に聞くと、オープンと同時に行くべきだと言っていました。参考にしてみてくださいね。

4:スペイン→イタリア/フィレンツェのルネサンス建築


次はルネサンスの発祥の地、イタリア・フィレンツェの建築群が旅の目的地として提案されています。

古代ローマ建築を見直すとともに、イスラム建築など各国の建築の長所をまとめあげて、独自のスタイルを確立しました。建築内外に施される彫刻や絵画なども、同時に花開いた時期。代表的な建築として、美しいドームを頂くサンタ・マリア・デル・フィオーレ教会があります。

日本の映画『冷静と情熱のあいだ』などでも舞台となっていました。フィレンツェの街並みが何度も描かれていましたので、旅の前に予習をしてみては?

5:イタリア→ギリシア/アテネのアクロポリス


次はイタリアからオトラント海峡、ピンドス山脈を越えて、ギリシアの首都アテネに向かいます。世界史の教科書でも出てきました、アテネのアクロポリス(小高い丘)にある神殿が目的地ですね。

特にパルテノン神殿は有名。丘の上に行くまでに日陰がなく、日差しもきつくて、ほこりっぽいために、人によってはちょっと面倒に感じるかもしれません。ですが人類の一員としては、やはり必見のスポットですよね。

■あわせて読みたい
芸術的な建築物に圧倒。馬車や小物も可愛いウィーンを散策
「ラクな人生を送りたいなら、建築家なんてならないことね」ザハ・ハディド氏
【世界遺産】圧巻のゴシック建築・ドイツのケルン大聖堂を訪ねて

6:ギリシア→エジプト/カイロ(ギザ)のピラミッド


次は地中海を越えて、アフリカ大陸とアラビア半島の連結部分にあるエジプトのカイロへ。ピラミッドが目的地として提案されています。

空港は首都のカイロ中心部から見て北東にありますが、有名なクフ王などのピラミッドは、カイロの中心部からナイル川を挟んだ南西の隣町ギザにあります。カイロ空港から環状線を通ってタクシーで1時間ほどの距離です。

ちなみにピラミッド周辺では、商魂たくましい商人の群れとの格闘が待っています。ひたすら「No」と言い続け、追いすがる人々を振り切る豪胆さが必要になりますね。

7:エジプト→中国/北京の建築群


最後は中国のクラシックな建築群が提案されています。

首都である北京の建築と言えば、故宮博物院が筆頭。かつては紫禁城と呼ばれた王宮で、北京観光では外せない世界的な観光地ですね。もちろん世界遺産です。

目の前には天安門と天安門広場があり、背後の景山公園からは故宮博物院の全景を眺められます。

天安門広場から先に広がる前門大街の裏通りなども中国っぽさが残っていていいですよね。旅の最後にお隣の国、中国で大いに楽しんで、帰国の途に就きたいですね。

以上、スターアライアンスが提案する世界一周航空券、人気の建築物を巡る旅を紹介しましたが、いかがでしたか?

もちろん上述のコースとは違い、逆向きに進んでみたり、自分なりに滞在地を増やしたりしてもオッケー。世界一周旅行の参考にしてみてくださいね。

[All photos by Shutterstock.com]

次回「連載 世界一周航空券でこんな旅【5】」は、10月10日月曜日にお届けいたします。お楽しみに!

■あわせて読みたい
世界一周航空券でこんな旅【1】一生に一度はこの目で見たい世界遺産を巡る旅
世界一周航空券でこんな旅【2】世界中にある感動の大自然を巡る旅
世界一周航空券でこんな旅【3】世界中にある美しい水辺を巡る旅

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP