ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

さかいゆう、自主イベントでシングル「再燃SHOW」リリース発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

さかいゆうが10月1日にカバーライブ企画『American Express Presents InterFM897×COTTON CLUB
THE ROOTS OF MUSIC vol.4 「さかいゆう」 RESPECT Vol.2』が東京・丸の内のCOTTON CLUBにてファイナルを迎えた。

この企画は、さかいがリスペクトしてやまない洋・邦ミュージシャン2組の曲だけを演奏するカバーライブ。昨年開催された第1回目は、山下達郎とダニー・ハサウェイの名曲カバーが披露されたが、2回目となる今回、さかいが選んだアーティストは美空ひばりとスティービー・ワンダーとなった。開演時間ぴったりに、さかいとバンドメンバーがステージに登場。バンドメンバーは、ギター柴山哲郎、ドラム岡野“Tiger”諭、そしてベースに日野”JINO”賢二。それぞれが圧倒的な個性をもった盤石な編成だ。

スティービー・ワンダー「Superstition」のカバーでライブはスタート。各楽器から生まれる“うねり”のあるグルーヴと、さかいの伸びやかな歌声が、今夜のライブが特別なものになる事を予感させた。つづいての「真赤な太陽」は、さかいのR&Bアレンジと歌うようなJINOのベースが、強烈なインパクトを残した。

「僕は子供の時、演歌と歌謡曲ばかり聴いていて、美空ひばりさんのアルバムを毎日ヘビロテしていました。ミュージシャンを志すようになってからは、スティービー・ワンダーに影響を受けました。美空さんとスティービーは共に、“こぶしの利いたソウルミュージック”だと思っています。」と、自身の音楽ルーツを語り、カバーライブを開催できる喜びを表現した。そして、SPECIAL GUESTのシンガー、大和田慧を呼び込み、デュエットで「Isn’t She Lovely?」、「お祭りマンボ」の2曲を披露。「お祭りマンボ」でのさかいのヴォーカルは、演歌・歌謡曲、そして美空ひばりへの強いリスペクトを感じさせる歌声であった。その後、「好きすぎて、気軽に歌えない曲」と紹介された後に演奏された、美空ひばり「川の流れのように」。ギターの柴山とさかいの二人だけでのシンプルなサウンドで、静かに、それでいて伸びやかに歌いあげた。稀代の名曲達に、純粋なリスペクトを持って正面から挑んでいく“ミュージシャンさかいゆう”の姿こそ、このカバーライブの一番の見どころだったかもしれない。

ライブ終盤のMCでは、「11月16日(水)に、ニューシングル「再燃SHOW」を発売します!」と嬉しい発表が。「再燃SHOW」は11月18日(金)全国ロードショー映画『幸福のアリバイ~Picture~』の主題歌となっており、4つ打ちのリズムに疾走感溢れるメロディーが際立つ、“さかいゆう新境地”ともいえるナンバー。そのほか、NHKプレミアムドラマ『受験のシンデレラ』主題歌「But It’s OK !」などが収録される。また、初回生産限定盤の特典CDには、11月からスタートする全国ツアー“POP TO THE WORLD”(全8公演)のリハーサルテイク4曲が収録される。“POP TO THE WORLD”の世界観を先駆けて感じる事のできるスペシャルな特典CDとなっているので、楽しみにしておこう。

【セットリスト】

1.SuperStition

2.真赤な太陽

3.柔

4.Isn’t She Lovely?(with 大和田慧)

5.お祭りマンボ(with 大和田慧)

6.Golden Lady

7.川の流れのように

8.Higher Ground

Encore.愛燦燦(with 大和田慧)

シングル「再燃SHOW」
2016年11月16日発売

【初回生産限定盤】(CD+CD)

AUCL 214~5/¥1,852+税

【通常盤】(CDのみ)

AUCL 216/¥1,203+税

<収録曲>

■CD

1.再燃SHOW

2.タイトル未定

3.But It’s OK!

4.再燃SHOW (backing track)

■DVD ※初回生産限定盤のみ

“POP TO THE WORLD~rehearsal take~”

1.よさこい鳴子踊り

2.Headphone Girl

3.ストーリー

4.再燃SHOW

『さかいゆうTOUR “POP TO THE WORLD”』
11月21日(月) 仙台darwin

11月22日(火) 新潟LOTS 

11月29日(火) 札幌Sound Lab mole

12月06日(火) 高松DIME

12月07日(水) 広島セカンドクラッチ

12月09日(金) 福岡Gate’7




カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP