ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【一人旅歓迎の宿】牛乳鍋が絶品!コスパ最高の北海道の絶景宿「あしたの城」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


北海道は道北のサロベツ原野にあるこの宿は、いわゆる「THE 北海道」を堪能できる宿。広大な草原のなかにポツリと佇むその宿は絵本の世界からそのまま飛び出してきたような、そんな幻想的な雰囲気さえ醸し出しています。「本当は教えたくない」と思ってしまうほどのこの宿の魅力を、道産子の筆者がご紹介します。

札幌から車で約4時間


札幌から北に車を走らせて4時間ちょっとで到着するのは道北の豊富町という場所。この場所は近年、豊富温泉という肌に抜群の効果を発揮する源泉が話題になり「湯治」ができるスポットとして多くの人が訪れるようになりました。稚内などの有名観光地からも遠くないので「ちょっと一休み」という経由地としても最高のこの場所に、「民宿あしたの城」はあります。

迎えてくれるのはノンタくん


宿に到着したときにむくむくと起き上がって歓迎してくれたのはラブラドールのノンタくん。このノンタくんは看板犬としても大活躍中なのですが、あまりの可愛さにメロメロになってしまいます。


一歩足を踏み入れると感じる木のぬくもりと、なんだか「ただいま」といってしまいそうになる、そんな都会にはない落ち着きがこの宿の最大の魅力。テレビもなければ高級ホテルのような特別なサービスがあるわけでもないけれど、民宿を営むご夫婦の優しい笑顔と宿内の落ち着きは、ほかのホテルにはない「あたたかさ」を秘めています。

次はコスパのよさと夕食の牛乳鍋をご紹介します!

■あわせて読みたい
【一人旅歓迎の宿】小さな逃避行に。居心地、寝心地、美食にこだわる温泉旅籠

【一人旅歓迎の宿】小さな逃避行に。居心地、寝心地、美食にこだわる温泉旅籠


【一人旅歓迎の宿】歴史に思いを馳せながら訪れたい、別所温泉「上松屋」
http://tabizine.jp/2016/09/27/97795/

コスパは最高


この民宿の料金システムは素泊まりでドミトリーは3,700円、個室は4,700円ですが、朝夕の2食付きプラン(ドミ5200円、個室6200円)もあります(タオル、パジャマ、アメニティ類などはなし)。


素泊まりも良いですが、せっかく泊まるなら是非オススメしたいのが北海道牛乳をふんだんに使った牛乳鍋夕食付きのプラン。


夕食は宿泊者が一斉に鍋を囲むことになっているのですが、みんなで楽しくおしゃべりしながら食べる牛乳鍋は絶品です。筆者の宿泊したときは男女比が半々でお一人様のお客様が多く、道外からいらした旅好きな方の多い印象でした。みんなで鍋を囲んだあとに旅の話をつまみに飲むビールもまた、絶品。

さあ次は、ここが「絶景宿」と呼ばれる理由をご紹介!

夜が更けた頃に


ここの宿が「絶景宿」と言われる理由・・・それは満点の星空にありました。どこまでも続く星空を見ているとその美しさに心を奪われ、時間さえも忘れてしまうほどです。


「この宿は客室にこもってテレビを見て過ごすよりも、広間で他のお客さんとおしゃべりをしたりお酒をのんだり、または広い庭に出て星を眺めたり野鳥のさえずりを聞いたり、朝霧のかかる原野を見たり、そういうのを楽しむところです。」そんな風にこの宿の魅力を語ってくださったオーナーの奥様。世界中で色々な宿泊施設に泊まってきた筆者ですが、いまでもこの宿に心が惹かれているのはあの美しすぎる星空以上に、宿自体が持つ魅力なのかもしれません。

四季折々変わった顔を見せてくれる道北の宿、「民宿あしたの城」。ホテルのような華やかさこそないですが、北海道の良いところがぎゅっと凝縮されたこの宿は満足度100パーセント間違いなしの絶景宿です。

民宿あしたの城
住所:〒098-4106 北海道天塩郡豊富町豊徳
電話:0162-85-2155(受付:朝7時~夜10時)

[All photos by 民宿あしたの城]

■あわせて読みたい
【一人旅歓迎の宿】思いのままに寛ぐ。温泉と海の幸を堪能する氷見の旅

【一人旅歓迎の宿】思いのままに寛ぐ。温泉と海の幸を堪能する氷見の旅


全国各地100湯浸かった温泉マニアが教える!日本の秘湯5選「Naschmarkt」
http://tabizine.jp/2016/07/31/76101/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP