体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】秋葉原にホタテを飲ませる店があるらしい @『五ノ神水産』

gono-hotate026_r

それとなく秋葉原の食を探求する“ガジェ通秋葉原制覇”ですが、そろそろラーメンが恋しい季節で御座います。

というわけで、筆者(YELLOW)も美味しいラーメンを求めて、今日も街を彷徨います。

鮮魚らーめん『五ノ神水産』

gono-hotate040_r

あまり“鮮魚らーめん”って表現は使わないのですが、要するに出汁に魚を使った鮮魚系ラーメンで御座います。

無論、豚骨や鶏ガラと共にラーメンの歴史を作って来た“煮干し”を使った節系(カツオ節等の乾物)も魚と言えば魚ですが、鮮魚系ラーメンはその名の通り“魚のアラ”などを使っています。

もっとも日本でも“アラ汁”として鮮魚を出汁に使う汁物は親しみがありますし、おフランス料理では“フュメ・ド・ポワソン”として多くの料理に使われています。

gono-hotate002_r

というわけで、魚を使ったスープのラーメンが生まれるのも当然でして、ここ数年で鮮魚系ラーメンもメジャーになりつつあります。

そんな鮮魚系ラーメンを牽引するのが『五ノ神水産』というわけです。

『帆立つけ麺』を所望する!

gono-hotate001_r

とりあえず蕎麦巡りをしたものの、激しい雨に心が折れた筆者は癒やしを求めて『五ノ神水産』に訪れてみました。定番と呼べる『らーめん銀だら搾り』(780円)を食べる気満々だったのですが、表の看板に

「本日限定やってます」

みたいな看板がありました。まあ、限定ごときで筆者の心は揺らがないのですが、さらに

「ホタテを飲んでみませんか?」

みたいな挑戦的なフレーズにキャッチされました。正直、ホタテ飲んでみたいです。

gono-hotate004_r

店内は小洒落た感じでして、女子層にもウケそうな内装は好評価です。

gono-hotate003_r

カウンターも広いので、ゆっくりラーメンを味わう事が出来ます。

『帆立つけ麺』を食す!

gono-hotate027_r

整いました。

麺の盛り付け方が特徴的ですが、これまた非常にシャレオツ感溢れるビジュアルではないでしょうか?

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。