体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】コスパ抜群の自家製手打ち蕎麦がキテるらしい @『あきば』

akisoba-tanu013_r

夏が終わりガジェット通信編集部のある秋葉原の秋を感じる昨今、みなさんいかがお過ごしでしょうか。僕(YELLOW)は元気です。

というわけで秋と言えば食欲の秋、ココからがマイ・ターンです。

そして!

秋と言えば新蕎麦の季節でして、秋葉原と言えば神田、神田と言えば江戸っ子がチャキチャキとチャキる土地柄ですので、我ら秋葉原に通う人種も蕎麦を食べるべき案件かと思います。

自家製手打ち蕎麦『あきば』

akisoba-tanu001_r

秋葉原周辺には、何気に個人経営の美味しい蕎麦屋さんが多いのですが、その中でも蕎麦っ喰いの中で

「あそこのコスパはヤヴァイ!」

と囁かれているのが『あきば』で御座います。蕎麦職人の店主が毎朝打つ美味しい本格手打ち蕎麦が、チェーン店の蕎麦とさして変わらない値段で食べられます。

しかも朝の6:30から営業しているので、サラリーマンが“朝蕎麦”としても利用出来るという『あきば』は注目の蕎麦屋さんなのです。

『十割そば』を所望する!

akisoba-tanu004_r

そして!

この『あきば』でも注目なのが『十割そば』(800円)です。その名の通り小麦粉などを使わない十割、すなわち100%蕎麦粉で作る蕎麦の最高峰で御座います。

しかも!

今の時期くらいから今年収穫された国内産の“新蕎麦粉”が出回り、この『あきば』の『十割そば』にも新蕎麦粉が適用されているのです!

蕎麦の中で最強なのは十割の新蕎麦ですので、このタイミングで蕎麦食べないで、いつ食べるの?

「今ですかね?」

みたいな雰囲気が筆者の中に芽生えました。そしてマッハで入店し注文すると、すでに5食分は売り切れてしまったとの事……。

「って言うか、限定5人分って少なくね?」

もっと沢山作ってくれよママンと思ったのですが、この『十割そば』は戸隠産の高級な蕎麦粉を使っているので、この値段では赤字ですので仕方ありませんね。

むしろ、800円で毎日提供してくれている店主は神だと思います。

『たぬきせいろ』を食す!

akisoba-tanu012_r

というわけで、新定番メニューとして売り出し中の『たぬきせいろ』を食べてみる事にしました。

え~と……ちょっと写真と実物が違うのですが、オペレーションの簡略化を極めた結果の進化という事で納得しておきましょう。

akisoba-tanu003_r

嘘です。

納得出来ません。

これは『たぬきせいろ』(410円)と言うよりは、『冷やかけたぬき』(410円)やないか~い!!

まあ同じ410円ですのでダメージは最小限ですが、どうしてこうなった感は否めません。

蕎麦は流石にイケてる予感!

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会