体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『スティックわさムーチョ 旨わさび味』「カラムーチョ」「すっぱムーチョ」に次ぐ第三のムーチョが始動!

cr7_7633

激辛の「カラムーチョ」、激すっぱの「すっぱムーチョ」に次ぐ湖池屋の3番目のムーチョブランド新製品が23年ぶりに誕生。『スティックわさムーチョ 旨わさび味』は志村けんの往年のコア人気キャラ・ひとみおばあちゃんをフィーチャーした和の辛さ製品だ。

志村けんの往年のレアキャラ”ひーちゃん”ことひとみおばあちゃんがキャラ就任

1984年に“辛くておいしいポテトチップス”というコンセプトのもと誕生した、メキシコ料理のチリをベースとした真っ赤な激辛ポテトチップの「カラムーチョ」。激辛ポテチ・ブームの火付け役で、ただ辛いだけでなく旨味満点なその味に、誰もが一度はハマったのではないだろうか。

cr7_7622
そこから9年遅れた1993年には、今度はすっぱさをフィーチャーした「すっぱムーチョ」を投入。湖池屋の二枚看板として君臨するこれらムーチョブランドは様々な派生商品を生みながら長く愛され続けている。

cr7_7627
そんな中、ついに3番目のムーチョブランド「わさムーチョ」が誕生した。辛い、酸っぱいでいけば、これもまたカラムーチョになりそうなものだが、和の辛味食材であるわさびを使用した辛口商品。

「わさムーチョ」は二態あり、通常のポテトチップス・スタイルの「わさムーチョチップス 旨わさび味」(2016年9月26日発売)と、今回紹介するカラムーチョ登場時と同じスティックタイプの『スティックわさムーチョ 旨わさび味』(100g・予想価格 税抜約200円・2016年9月26日発売※9月19日コンビニ先行発売)

cr7_7630
今回は30年余にわたってキャラクターを務めた「ヒーおばあちゃん」と「ヒーヒーおばあちゃん」の慰労休暇のため、代わりに志村けんが伝説のコント番組「志村けんのだいじょうぶだぁ」(1987〜1993年放映)で登場させていたキャラ・ひとみおばあちゃん(ひとみばあさん)となり就任。中高年なら覚えがあるのではないか。キャッチコピーは「ムーチョだヨ!全員集合」だけれども。

 

ただこのひとみおばあちゃん自体は、志村けん本人が一番気に入っているキャラクターでありながら、爆発的な人気を得るには至らなかった、いわば若干レアキャラ。いつも小さくハンハンハンと息遣いをしていた愛称が”ひーちゃん”だったのでその流れで決定したと思う。

わさびの程よい辛味が突き抜け、後からたっぷり旨味を感じられる湖池屋ならではの美味ポテト!

それでは実際に食べてみよう。「カラムーチョ」や「すっぱムーチョ」が長きにわたって愛され続けてきたのは、やはり世の中に溢れる激辛スナックの中で、一番旨味に気を使っていたからだと思う。カラムーチョ・ブームでは、その辛さばかりがフィーチャーされ、後発品もどれだけ辛いかで勝負をかけていたという現状があった。

cr7_7636
さほど時間がかかることなく、後発品のほとんどは消えていってしまうのだが、大概のポテチ・ファンが再び「カラムーチョ」へと戻っていってしまったのには、その辛さの裏に隠れた強烈な旨味へのこだわりがあったからではないか。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。