体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【シンガポール】ビール飲み放題! タイガービール工場へ行ってみよう

安くて満足度の高い、屋台料理が充実しているシンガポール。一方、アルコール類は驚くほど高く、レストランやバーでビール(330ml)をオーダーすると1杯8ドル(910円)以上、ワインも同等またはそれ以上のお値段です。お酒好きなトラベラーや出張者にとっては、ちょっぴり懐の痛い国なのです。

【シンガポール】ビール飲み放題! タイガービール工場へ行ってみよう
シンガポールへ旅行中、現地でビールを心ゆくまで堪能したい人にオススメなのが、シンガポール生まれの「タイガービール」工場見学。フレッシュな生ビール飲み放題という特典付きです。

【シンガポール】ビール飲み放題! タイガービール工場へ行ってみよう

ビール工場見学へ出発!

【シンガポール】ビール飲み放題! タイガービール工場へ行ってみよう
市内から少々離れた郊外にある、タイガービール工場内のビジターセンターへ。まずは入り口でチケットを購入(18シンガポールドル/約1350円)。工場見学ツアーの始まりは、タイガービールの歴史を知ることから始まります。

イギリス植民地時代に、ヨーロッパ人がもたらしたビール。オランダのハイネケン社の指導により、当時はマレーシアだった1930年代初頭のシンガポールにビール工場を建設。このビールこそが、シンガポール生まれのタイガービールです。

【シンガポール】ビール飲み放題! タイガービール工場へ行ってみよう
続いて、ビールの主原料となる麦やホップなどについて学習します。麦を始めとするビールの原料は熱帯地域では生産できないようで、タイガービールの原料はすべて北米やヨーロッパ、オーストラリアからの輸入に頼っています。施設内を一歩出ると、とてもトロピカルな雰囲気です。

【シンガポール】ビール飲み放題! タイガービール工場へ行ってみよう
ビールタンクのある工場へ。

【シンガポール】ビール飲み放題! タイガービール工場へ行ってみよう
【シンガポール】ビール飲み放題! タイガービール工場へ行ってみよう
一旦外へ出て、工場からパブのあるビジターセンター内へと戻ります。移動中にはタイガービールの歴史が感じられるさまざまなディスプレイがあるので、写真撮影にも最適です。

【シンガポール】ビール飲み放題! タイガービール工場へ行ってみよう
工場ツアーのあとは、お待ちかねのビールタイム・・・の前に、ビールがおいしくなる注ぎ方をビールのプロフェッショナルが伝授。ビールに関するクイズに答えられたツアー客には、注ぎたてのビールをサービスという特典も。物怖じせずに、答えればヨカッタ!

■あわせて読みたい
驚愕の100円台! 世界で一番安い1つ星ミシュランは「シンガポールの屋台」
http://tabizine.jp/2016/09/01/94027/

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。