ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

DJI、羽を折りたたんでコンパクトに持ち運べる新型ドローン「Mavic Pro」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国のドローンメーカー DJI は、羽を折りたたむことのできる長距離飛行型の新型ドローン「Mavic Pro」を発表しました。Mavic Pro は、DJI のフラッグシップ機 Phantom シリーズよりも半分のサイズ・重量を実現したクアドロコプター型ドローンで、各羽をアームから折りたたむことができ、コンパクトに持ち運ぶことができます。Mavic Pro では「OcuSync」伝送システムを採用したことで、コントローラーから 4.3 マイル(7 キロ)離れても制御可能とされています。また、一回のフル充電で最長 27 分間飛行することが可能で、飛行速度は最高 40 マイル / 時(64 キロ / 時)にも達すると言われています。Mavic Pro には 1,200 万画素のカメラが内蔵されており、4K@30fps での撮影や 1080p@96fps での動画撮影が可能。ActiveTrack や TapFly などのスマート機能も搭載しています。Mavic Pro の価格はコントローラー付きで 119,800 円。また、スペアのプロペラやスペアバッテリー 2 個、充電ステーション、バッグ、シガーチャージャーなどが付属するアクセサリーバンドルモデルが 155,800 円で販売されます。現在、DJI の直販サイトで予約受付を行っており、4 ~ 6 週間で発送される見込みです。なお、国内向けにドローン単体モデルは用意されていない模様です。Source : DJI

■関連記事
LG Pay、サービス開始は2017年に持ち越しか?
Google、インドの駅に高速Wi-Fiサービス「Google Station」を導入
Google、インディーズのゲーム開発コンペ「Google Play Indie Games Festival」を近々欧州でも開催

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP