ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋が旬のきのこで「作りおきおかず」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いまや一年を通して出荷されているきのこ。さまざまな種類がありますが、ほとんどの本来の旬はやはり秋。低カロリーでビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富、さらにはβグルカンなど免疫力をアップさせてくれる作用を持つきのこは、毎日でも食べたい優秀な健康食材です。そんなときこそ「作りおきおかず」にしてみましょう。冷蔵庫で数日間~数週間保存ができるきのこ料理をご紹介します。

好きなきのこを自由にセレクトして

保存もできる!きのこのマリネ

数種類のきのこを鍋で煮立たせることで、複雑で奥行きのある味わいのマリネに。きのこはお好みのものでOK。

ゆでたきのこに粗塩をひと混ぜするだけ!

塩きのこ ※冷蔵庫で4〜5日保存可能

きのこの深い味わいを引き立てるには塩だけでも十分! 余計な味がついていないのでどんな料理にも活躍する常備菜になるはず。

パスタの具やバケットに塗っても

きのこペースト ※冷蔵庫で2週間ほど保存可能

しいたけとマッシュルームで作る万能ペースト。水分がしっかり飛ぶまで炒めるのが保存のコツです。

マリネや塩きのこの場合は、複数種類のきのこを使うのがおすすめ。さまざまな風味が混じり合うことでグンと奥行きが出ます。そのまま食べるのはもちろん、炒めものやスープに加えたり、パスタや炊き込みご飯に具にしてみても。さまざまな食べ方を楽しんでください。

関連記事リンク(外部サイト)

ケチャップ禁止!? 和の素材で作るアジアのオムレツはいかが?
冷凍パイシートで作る 一口サイズの簡単ミニパイ
パンチのきいた「砂肝炒め」でビールが進む!

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP