ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エキサイト、スマートフォンに最適化されたスラングに対応カジュアル語彙プラットフォーム「ソーシャルフレーズ」を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エキサイトは 9 月 27 日、スマートフォン表示に最適化されたスラングに対応カジュアル語彙プラットフォーム「ソーシャルフレーズ」を開始しました。ソーシャルフレーズは、エキサイトが運営する機械翻訳サイト「エキサイト翻訳」では対応しきれなかった日常的なカジュアル表現や SNS などで利用される独特な表現を集めたサイトです。英語と中国語に対応しています。スラングでは例えば、“ありがとうございます” を英語で機械翻訳すると “Thank you” となりますが、SNS などでは “ty” などと簡略化されたりします。ソーシャルフレーズ開始時てんでは挨拶、感謝、謝罪など 12 カテゴリで、英語 369 フレーズ、中国語 288 フレーズが公開されています。また Twitter で未登録のフレーズの募集も行われています。Source : ソーシャルフレーズ

■関連記事
デュアルカメラを採用したHonor 6Xが10月18日に発表されるとの噂
ホーム画面が写ったGoogle Pixelのプレス画像が公開
ファステップス、右脳に働きかける社会保険労務士試験対策アプリ「シャロッシータゼミナールの右脳を使って効率学習!イメージマスター社労士講座」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP