ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

天然物のたいやきって? 一度は訪れたい人気店「たいやき わかば」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

国民的おやつ「たい焼き」。老若男女に愛され続けるたい焼きですが、実は「天然物」と「養殖物」があるのをご存知ですか?

たい焼きファンの間では、一匹だけの型で焼き上げられるものが「天然物」、大きな鉄板で同時に複数匹焼き上げられるものが「養殖物」と呼ばれており、やはり手間と時間がかけられた「天然物」は奥深い味わい。

今回は最高においしい「天然物」が食べられる、四谷の「たいやき わかば」を現地ルポ。

創業昭和28年の老舗


四谷駅から歩くこと約5分の路地裏に佇む「わかば」。巷では「東京のたい焼き御三家」の1つとも言われている、創業昭和28年の老舗です。時間帯によっては行列ができることも。

丁寧に一つ一つ焼き上げられる天然物


お店の外からも、職人さんがたい焼きを焼き上げる様子が見られます(許可を得て撮影)。


「一本焼きの型」を使って丁寧に作られるたい焼き。あんこがあふれんばかりに詰められています。


職人さんの長年の勘と技で手際よく焼かれています。香ばしい香りがたまりません!


たい焼きは店内で食べることも可能。お茶や水はセルフサービスで無料でいただけます。

■あわせて読みたい
【四谷】隠し部屋でいただく、想像の斜め上をいく感動的においしい料理
http://tabizine.jp/2015/09/14/46186/

職人の技が光る、老舗のたい焼き


焼きたてのたい焼き(1尾150円)。皮はパリッとした食感で香ばしく、絶妙な焼き具合! あんこはやや塩味が効いていて甘さ控えめ。小豆の味がしっかり感じられます。たっぷりとあんこが詰まっているのでボリューム感ありますが、いくつでも食べられそうなおいしさ。やはり天然物は違います!

あんこのみの販売も


わかばではあんこのみの販売もしています。老舗の自家製あんこを使って、おやつを作ってみるのも楽しそうですね。

丁寧に一つ一つ焼き上げられる、絶妙な仕上がりのわかばのたい焼き。四谷を訪れた時は、一口食べれば笑顔になれるおやつを味わってみてはいかがでしょうか?

[たいやき わかば]
[All photos by Nao]

■あわせて読みたい
【日本の定番おやつ】秋冬の味覚、東京名たいやき3選
http://tabizine.jp/2015/09/17/46315/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP