ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Apple製のハイテク紙袋?手の込んだ“パロディー”コンセプト動画が話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日開催された新製品発表イベントで、正式にiPhone 7を公開したApple。

iPhone 7では、以前から噂されていた「AirPods」がトピックとなり、ネット上でも様々な反応が上がっていたようだ。

そんなAppleが次に公開しそうなプロダクトを紹介した“パロディー”コンセプト動画がちょっとした話題になっている。

・もしAppleが紙袋を開発したら?

動画を公開したのは米の人気コメディアン、コナン・オブライエンが出演するバラエティ番組「Conan」。

紹介されているのは「the AirBag」と名付けられたスマート紙袋だ。

AirBagには種々のセンサーや加速度計が搭載されているとされ、ユーザーは自分のデバイスからステータスを確認できるそうだ。

・ハイテクではないが特許は出願

動画はほかにも「3時間ほどの継続使用が可能」「食料品を運ぶためのデバイスとして利用できる」など、内容こそ荒唐無稽ながらもっともらしい演出で進んでいく。

Conanといえば、これまで実際の製品の使いにくさを揶揄するようなジョーク動画を公開することが多かったが、ただ今回はまったくのデタラメではない部分もあるようだ。

というのも、Appleは3月にリサイクルを取り入れた紙袋の特許を出願。もちろん動画のような機能は搭載していないものの、Apple独自の紙袋が登場する可能性はあるのかもしれない。

Appleファンを中心に注目を集めた今回の動画。実際に商品化されたら、どんな反応が持ち上がるだろうか?

Introducing The New Apple AirBag

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP