ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京ガスが11月からスマートフォンの販売を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォン事業とは縁のない東京ガスが今年の 11 月から、いわゆる “格安スマホ”の販売サービスを行うと NHK が伝えました。近年では、イオンに代表されるように通信業者以外の企業もスマートフォンの販売を手がけるようになっているので、驚くことではありませんが、公共サービスを提供している東京ガスの参入によって、MVNO の競争がさらに激しくなると見られます。報道によると、東京ガスはプラスワンマーケティングと提携し、同社が管轄している首都圏の営業所や検針時に Freetel ブランドのスマートフォンや Freetel SIM を販売するというのです。注目されるのは訪問販売の実施とセット割を提供する点でしょうか。訪問販売は、検針時に行われ、セット割は都市ガスや電気との組み合わせで提供されると言われています。ガスは生活には欠かせないインフラの一つなので、ほぼ全ての世帯が導入しており、これらの世帯にリーチできるのは強みになると言える一方、検針員への負担は増し、検針業務の効率性の低下や訪問販売にかかるトラブルも増えると心配されます。Source : NHK

■関連記事
XiaomiのAndroid TV「Mi Box」が米国のウォルマートで発売される、価格はなんと$69
Google、Androidの8歳の誕生日を祝してプレンゼントを用意
Xperia X PerformanceとXperia XZのAndroid 7.0アップデートが10月に実施されるとの噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP