体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

RIP SLYME 初LIVE会場限定盤CDに収録される「Check This Out」のMV公開!

RIP SLYME  初LIVE会場限定盤CDに収録される「Check This Out」のMV公開!

 RIP SLYMEのキャリア初となるLIVE会場限定盤CD「Dance Floor Massive V」の1曲目に収録されるTimberland 2016 Autumn キャンペーンソング「Check This Out」のMVが解禁となった(https://youtu.be/Xezp7_slvN4)。

 本作品は、ティンバーランドとのコラボレーションMVとなっており、90年代風のオールドスクールテイストなHIPHOP MVに仕上げたいというメンバーの意向と、ティンバーランドのイメージから想像される“アウトドア感”が秋の季節感を背景に、絶妙な形で融合した唯一無二な内容に仕上がっている。

 RIP SLYMEのMVでは珍しいワイドレンズ、ローアングルといったオールドスクール定番の映像が印象的で、ストレートなリップシーンも、もはや貫録を感じさせる。たき火を囲んでフック(サビ)部分でRAPするMC陣の一体感が、見るものを笑顔にさせてくれる。
勿論“外し”のシーンも満載で、カッコよさとユニークさがマッチした、ありそうでこれまでに存在しなかったRIP SLYMEの新境地とも言えるMVだ。

◎RYO-Z コメント
RIP SLYMEが一番色濃く影響を受けた、90年代のHIPHOPの空気感を意識して制作された「Check This Out」を斉藤監督にもしっかり汲み取ってもらい、いい形に仕上がったと思います!
フック(サビ)の部分の楽しげな雰囲気は、「斉藤さんゲーム」をやっていました。たまたま斉藤監督という・・・(笑)

◎MV監督:斉藤渉コメント
今回はティンバーランドとのコラボともあってアウトドアな企画にしようと思いました。
その中でRIP SLYMEの皆さんからオールドスクールなHIPHOP MVにしたいというオーダーに沿ってリップシーン中心に構成しました。
RIPSLYMEさんのMVで近年久しくやっていないであろうワイドレンズ、ローアングルといったオールドスクール定番の画を撮影しましたが、さすがのパフォーマンスで撮影中皆さんの存在感と画力にとてもシビれました!
近年HIPHOPが流行っている中でやはりこの方達の底力を見せれるMVに仕上がったと思います!

◎LIVE会場限定盤CD「Dance Floor Massive ?」商品情報
『Dance Floor Massive ?』
M1「Check This Out」(Timberland 2016 Autumn キャンペーンソング)
M2「The Man (feat. CHOZEN LEE from FIRE BALL)」(G-SHOCK “SHOCK THE RADIO” テーマソング)
M3「In The House」
CDリリース:10月6日(木)より「Dance Floor Massive V」の各会場にて販売
配信リリース:9月30日(金)よりiTunes、レコチョク他で一斉スタート!(※M3「In The House」を除く)
WPCL-12496/1,300円(税込)
通常盤1形態/紙ジャケ仕様

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。