ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【アレルギー患者必携!】エピペンを暑さ・寒さ、衝撃から保護する専用ケース「EpiShell」が大活躍

DATE:
  • ガジェット通信を≫

重度の食物アレルギーやラテックスアレルギーをもっている人にとっては、万一、不意のアナフィラキシーショック(アレルギー反応)が発生した場合に備えて、エピペン(緊急補助治療薬)を常に持参しておきたいもの。

・温度変換に弱く、値段も高いエピペン

だが、エピペンは温度変化に弱く、室内保管温度は20~25℃、短時間の外出時には15~30℃までと、暑すぎても寒すぎてもいけない。

しかも、エピペンは値が張るので、気軽に新しいものを追加購入……というわけにもいかない。

温度管理が難しいエピペンをどこへでも持っていける、保管管理にピッタリな“エピペン専用保管ケース”「EpiShell」が便利そうだ。

開発者自身、アレルギーをもつ息子さんの命が危険にさらされた体験があり、いつでもエピペンを持ち歩ける仕組みの必要性を感じ、開発を進めてきたのだという。

・特許取得の“EpiHeat System”

「EpiShell」には特許取得の“EpiHeat System”という技術が用いられており、熱を内部から放出したり、逆に外部から吸収したり、温度管理ができる内部構造になっている。しかも、動作にはバッテリーが必要ないというからすごい。

ケースは非常に丈夫なステンレス鋼材でできているため、万一落としたときにも安心。超真空断熱構造が、夏の暑さ、冬の寒さを強力にブロック。特殊なフタ構造になっており、しっかりと内部真空環境を保護する。

・Indiegogoで出資を募集中

現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募集中で、エピペン1個が入るタイプは市場価格70ドル(約7100円)のところ、プレオーダー価格39ドル(約4000円)、2個入るタイプは市場価格100ドル(約10200円)のところ、プレオーダー価格49ドル(約5000円)とかなりリーズナブルなお値段になっている。

アレルギーをもつ子どもや大人だって、公園に散歩へ出かけたり、泳ぎに行ったり、ハイキングやスキーに行く権利はある。気兼ねなく、生活を楽しむための心強いサポーターになってくれそうだ。

EpiShell

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP