ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AI搭載のロボットスーツケースで究極の手ぶらが実現!オートで人を追尾、障害物を避ける

DATE:
  • ガジェット通信を≫

旅に出張に欠かせない相棒、スーツケース。とはいえ、荷物をたくさん詰め込むスーツケースは重いしかさばるしで、引いて歩くのは骨が折れるもの。

そんな問題を一発解決してくれそうなのが、世界初、オートで動くロボットスーツケース「Travelmate」である。

・ユーザーの後ろを自動追尾、障害物も避ける

ユーザーの後ろを自動追跡して動き、人ごみや障害物を避けるという賢さ。最大時速約8キロメートルの速さを出すこともできるという。スマートフォンと連動し、専用アプリからさまざまな設定が可能だ。

・“AI”と“機械学習”機能を搭載

なぜ“ロボット”スーツケースなのか?、何といっても「Travelmate」には“AI(人工知能)”と“機械学習”の機能が搭載されているのだ。

独自の“Follow Me”システムでは内蔵のセンサーを用い、ユーザーの動きをフォローして、オートで付いて動くのはもちろん、センサーが人や家具などの障害物を検知して、避けるというアクションを自動で実行する。

AIが測定した累積データを分析し、スーツケースの動きを統制、改善していくという。AI搭載のTeslaの車と同じような技術だ。

“omni wheels”というユニークなタイヤが搭載されており、これにより安定性と、動きのレンジの幅が大きく広がり、自由な動きが実現した。

・バッテリーは取り外して他デバイスの充電もできる

「Travelmate」はバッテリーで動作するが、このバッテリーは取り外して再充電ができるほか、USBケーブルで接続して、他の電子デバイスの充電に用いることもできる。オートモードで4時間、待機モードで100時間の連続使用が可能だ。普通のスーツケースとして使用するときは、待機モードにしておこう。

LEDライトがバッテリーレベルをお知らせしたり、車のように移動する方向を示すインジケーターのように点滅したりする。これらはアプリの設定でオフにすることもできる。

・他にも便利な機能満載!

他にも、ハンドル部分が簡易机に変形するようになっていて、ラップトップや本などを置くのに便利だし、GPS対応のチップタグが付いているので、スーツケースの位置をアプリでチェックしたりもできる。

このタグは取り外せるので、他のカバンに取り付けることも可能だ。また、TSAの規格も満たしており、指紋でロック解除する機能などもある。

スーツケースのサイズは、S、M、Lの3サイズ展開。現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を受付中だ。

Travelmate

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP