ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

谷川俊太郎+下田昌克による『恐竜がいた』、待望の書籍化。記念して「 恐竜がいた」展も開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫


下田昌克さんと谷川俊太郎さん共著の本『恐竜がいた』の出版を記念して、TOBICHI2にて下田さんの作品である恐竜展示が開催。恐竜の骨をつぎつぎ作る、下田さんのアトリエを再現し、ライブ制作が行われえたり、キャンバス地の恐竜の骨作品、代表名作と「恐竜がいた」の原画をすべて展示。また『恐竜がいた』に掲載されている谷川俊太郎さんの詩を会場に掲示。下田さんの恐竜作品のオーラを感じながら、じっくり、名作ぞろいの谷川さんの恐竜の詩を堪能できる。
さらにTOBICHI展のなかで、下田さん作の恐竜を身につけて写真を撮れるコーナー「なりきりパシャリ!勝手に撮れる写真館 produced by ゆかい」も登場。書籍『恐竜がいた』の写真を担当したゆかいのみなさんによるプロデュースでSWITCHの撮影現場を特別に再現。セットには下田さんのイラストも入っているので、本から飛び出したようなショットが撮れるかも?!?!カメラ(携帯電話でOK)を持って、ぜひ足を運ぼう。※できれば黒い服でのご来場がおすすめ。
「恐竜がいた」をテーマにしたトークイベントも開催される。



「 恐竜がいた」展 @TOBICHI
2016年9月22日(木・祝)〜10月2日(日)11:00〜19:00
※ただし10月1日(土)のみ17:00で終了
住所:東京都港区南青山4­-28­-26
電話:03-­6427-­6800

 


「恐竜がいた」
谷川俊太郎+下田昌克
雑誌「SWITCH」の20回にわたる連載が、待望の書籍化。
時間を超えて、ことばと写真で「あのときここに生きていた」恐竜たちに出会えます。
※この本は期間中、TOBICHIでも発売予定です。下田さんがいたら、サインがもらえる‥‥かも?!?!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP