ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

珈琲にたどり着けるのか!? 「喫茶さっと」のウインナーコーヒー【旭川】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:mesitsu_lc:20160803182154j:plain

色々なメガ盛りに挑戦してきましたが、そんなのアリですか?

高架下で営む「喫茶さっと」の

ウインナーコーヒーがとんでもないというのです。

山盛りに盛られた生クリーム。

グリグリと渦高く盛られた生クリームは圧巻です!

この時、店員さんに話しかけてはいけません。

心の乱れは、生クリームの歪み につながるからです。

なんだそれ!

今回は「どさっとウインナーコーヒー」に挑みます。

f:id:mesitsu_lc:20160803182222j:plain

お腹いっぱい生クリームが食べられると聞いて、うれしさよりも「恐ろしさ」が鼻先で勝っている、メシ通レポーターの裸電球です。

いざ自分が食べるとなると、不安でしょうがないお店を発見しました。

正直な気持ち。

誰かが食べているのを、横で笑って見ていたいです。

やってきたのは旭川四条駅の高架下!

オール商店街というエリアです。

f:id:mesitsu_lc:20160803182214j:plain

都会で暮らしていると、珍しくもない高架ですが、車社会の北海道では、意外と少ないんですよね。

全国の高架下がそうであるように、ここも独特の渋い雰囲気を醸し出しています。

f:id:mesitsu_lc:20160803182216j:plain

こちらが今回の決戦の舞台「喫茶さっと」です。

すぐ向かいの高架を電車が走ります。

ガタンゴトン。

心地よい音が聞こえてきますね。

「いらっしゃいませ〜」

わお!

キレイなお姉さんが登場して驚きです。

残念ながら、写真での登場はNGでしたが、

「高架下」と「お姉さん」

魅惑の言葉が並んだなと、ニヤニヤしてしまいます。

ゆっくりしたくなるお店

f:id:mesitsu_lc:20160803182144j:plain

お店のオーナー曰く、外観も特に目立たないし、店内も派手ではないと。

喫茶店はサボる場所だから、目立たない場所でひっそりやっているというのです。

確かに!

忙しい毎日に、ホッと息抜きする場所は必要ですよね。

それでは例のヤツお願いします!

f:id:mesitsu_lc:20160803182149j:plain

店内にはコーヒーの良い香りが広がります。

おもむろにお姉さんが、入れたてのコーヒーの前にスタンバイしました。

グリュリュリュ!

さあ、ショータイムの始まりです。

お姉さんがクリームを搾り始めました。

f:id:mesitsu_lc:20160803182150j:plain

いまのところ、よくあるウインナーコーヒーです。

ああ、美味しそう!

ウインナーコーヒーって最高ですよね。

ブラックコーヒーと生クリームのハーモニー。

甘さとほろ苦さがフワリと広がる後味。

思わずお姉さんに「ストップ!」を言いそうになりましたよ。

最初が肝心なんだそう

f:id:mesitsu_lc:20160803182151j:plain

よく考えると、お店側も大変ですよね。

液体の上に渦を巻いていくわけですから。

しかも溶けていきますし。

うまくカップの縁を使いながらの仕事です。

高くなってきました!

f:id:mesitsu_lc:20160803182154j:plain

お姉さんも真剣な表情です。

お客さんの注目を集めて緊張するそうで、これまでに「何度」も倒しているんだとか!

完成してからお客さんのテーブルまでに倒れることもあるそうです。

チャーミングなエピソード!

f:id:mesitsu_lc:20160803182156j:plain f:id:mesitsu_lc:20160803182157j:plain

完成しました。

こちらが「喫茶さっと」の名物、

「どさっとウインナーコーヒー (500円)」です。

常連客の「もっと!」に応えていくうちに、

今のような姿になったといます。

生クリームがこれでもかと、渦高く盛られています。

f:id:mesitsu_lc:20160803182200j:plain

果たしてたどりつくことができるのでしょうか。

15センチほどの生クリームゾーンが待ち受けています。

f:id:mesitsu_lc:20160803182158j:plain

作る側も必死。

今度は食べる側も必死です。

ちょっとでも気を抜くと倒壊してしまいそう……。

時折、キャーっと悲鳴が響き、

振り返ると地獄絵図。

そんなこともあるのだといいます。

f:id:mesitsu_lc:20160803182202j:plain f:id:mesitsu_lc:20160803182204j:plain

お好みでチョコソースはいかがでしょう。

これ以上、パワーアップさせるのはいかがなものかと思いつつ、

やっぱり出されるとかけたくなりますよね。

見た目にも破壊力が倍増します。

f:id:mesitsu_lc:20160803182205j:plain

あらら。

これ……、いけちゃいますね!

口当たりはふんわりで、しつこくありません。

もっと苦しむかと思っていただけに、

ものすごい幸せを感じます。

聞くと、スーツ姿のビジネスマンにもファンが多いそうです。

f:id:mesitsu_lc:20160803182207j:plain

自分の意外なほどの生クリームへの強さに驚きつつ、

普通のウインナーコーヒーになりました。

あとはゆっくり溶かしながらいただきます。

まさにご褒美。

至福の時間です。

「高架下のカレー」って何だ!

f:id:mesitsu_lc:20160803182146j:plain f:id:mesitsu_lc:20160803182223j:plain

そういえばあちこちに、「高架下のカレー」という文字が。

なんですか、そのネーミング!

食べないわけにはいかないでしょう。

f:id:mesitsu_lc:20160803182219j:plain

「高架下のカレー (600円)」に、タコさんウインナー (200円)。

さらにサラダ (200円)をつけました。

いや、すばらしい見た目ではありませんか!

f:id:mesitsu_lc:20160803182220j:plain

並んでワイワイ、楽しそうです。

いいですね、「高架下のカレー」!

f:id:mesitsu_lc:20160803182213j:plain

深いコクがありつつも、切れ味は爽やか。

食べても胃にもたれないような、さっぱりとしたカレーです。

野菜からスープをとって寝かせるなど、

大変手間がかかるため、週末限定で出していたそうですが、

リピーターが続出したため、最近になり、毎日提供するようになったそうです。

f:id:mesitsu_lc:20160803182147j:plain

「高架下のカレー」に、「どさっとウインナーコーヒー」。

突っ込みどころ満載の、「喫茶さっと」でした。

居心地の良さと、

メニューのインパクトを、是非堪能していただきたいです。

体重は……。現実逃避で2日くらい測るのやめておこうと思います。

ごちそうさまでした!

お店情報

喫茶さっと

住所:北海道旭川市5条通17 オール商店街8号館

電話番号:0166-24-7213

営業時間:10:00〜24:00

定休日:無休(12月31日、1月1日のみ休み)

※金額はすべて消費税込です。本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:裸電球

裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。 ブログ:「裸電球ぶら下げて」

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

「らーめん山頭火」創業者・畠中会長の渾身の一杯が食べられるお店 「あさめし前田゛本舗」がすごい!
七福弁当の「のりメンチ」を愛してやまない男子は、「のりメンズ」宣言だ!【旭川】
北海道民なら見たことあるよね? スーパーでもお馴染み「炭や」のホルモン!

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。