ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

他人のために謝ることができる人は本当の大人『闇金ウシジマくんSeason3』おさらいレビューVol.7【初心者から大ファンまで】

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


現在放送中の、ドラマ第3期『闇金ウシジマくんSeason3』。ガジェット通信では、『闇金ウシジマくん』大好き記者から、『闇金ウシジマくん』全く知らない記者、そして“恋愛洗脳されがち”女子まで、タイプの違う5名によるクロスレビューをお届けします。

【放送日程】
MBS 毎週日曜 深夜0:50~1:20
TBS 毎週火曜 深夜1:28~1:58

http://ymkn-ushijima-movie.com/index.html [リンク]

(C)2016真鍋昌平・小学館/「闇金ウシジマくん3」製作委員会・MBS

『闇金ウシジマくんSeason3』ガジェット通信編集部はこう観た

「ヤバい事 したと思ったら すぐ警察」

今回は、神堂&まゆみ、美奈、コセちん達のストーリーが一気に展開したお話でした。まず、神堂&まゆみ。「まゆみが自殺未遂したのはアナタ達のせい」と両親をせめる神堂でしたが、その挑発(誘発)にのり、見事に神堂のいいなりになっていく両親。そもそも、まゆみが神堂に洗脳されていくのって、まゆみがプライド高めで「なんかおかしいと思っても、それを周りに言うのが恥ずかしい性格」だったからだと思うのですが、この両親にもその傾向があった様子。いや、でも実際問題自分の家族がそんな事になったら「隠したい、家族の為にも」と思うのが自然なのかもしれません……。まゆみ妹は完全に神堂の虜なんで言いなり、まゆみ義弟はもともと嫁の浮気を疑ってたんで、それをちらつかせられて言いなり。と、神堂無双状態。ああ、恐い!

お年寄りにパソコンを教える等の仕事で、人の為になる事の喜びを感じるコセちんは、仲間の裏切りにショックを受けます。そう、社会の一員になるという事は必ず傷や傷みも伴うもの。『闇金ウシジマくん』で描かれているストーリーの数々は、本来知らなくて良い傷や傷みばかりではありますが、でも少なからず共感してしまうのは、決してオーバーでは無い人間関係を描いているからでは無いでしょうか。

【プロフィール】藤本エリ
映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。『闇金ウシジマくん』関連は漫画・コミック・ドラマ全てをコンプリート。原作者・真鍋先生のインタビューもよろしく→http://getnews.jp/archives/578536

ラストに向けてギアチェンジ!

今回で美奈(佐々木心音)の物語がクライマックスを迎えました。原作の「テレクラくん」編と「出会いカフェくん」編をミックスさせた展開で、JP(福山翔大)イイ奴じゃね?(クズには変わりないけど)のラストは何とも言えないモヤモヤが残りました。この余韻こそが作品の醍醐味ですよね!

物語全体も終盤を迎えたワケですが、実はウシジマ社長(山田孝之)の活躍がほぼ描かれていないことに気付きました。新堂(中村倫也)やまゆみ(光宗薫)とはまだ接点がないし、結城親子の借金元は我らが茜たん(高橋メアリージュン)のライノーローンです。だけどウシジマ社長の重たい言葉が要所で光ることで、このドラマは間違いなく『闇金ウシジマくん』であり得るのです。最後は是非オイシイところをかっさらって欲しいです。

今回の“ベスト・オブ・クズ・ワード”は、赤ジャージのニート・トーキー(水間ロン)を選出。コセちん(本多力)と飯野(野澤剣人)の仲裁に入り、「ごちゃごちゃ言ってないでよ、ぶら下がり競争で勝った方が正しい!」。いや~、ボンクラですね~。「生活保護くん」編もほぼ収束ぎみですが、コセちんがしっかり社会復帰するところまで描き切って欲しいです。とはいえ、やはり「DQNバスター」の展開がカットされたのはちょっぴり残念!

【プロフィール】よしだたつき
PR会社出身のゆとり第一世代。『Variety Japan』(http://variety.co.jp/)のシニア・エディターとしても活動中。クズ鑑定士。クズ検定1級。

他人のために謝ることができる人は本当の大人

今回はインパクト抜群の集団が登場しましたね。他人に大きな人生の選択を迫るとか、神みたいな遊びは金持ちだからこそだよなぁ。美奈は売りやるリスク考えたら……ってチャレンジした理由もわかることはわかるけど、2000万だったらその歳なら普通に働き始めたほうがリスク少ないような……と保守的な考えがチラつきました。そうじゃないよね、人生を一転させたいんだよね、きっと。あと勝負中の目薬を許可してくれる優しさに、さすが富裕層は余裕があるな、って感じました。

そしてですよ。あのニートたちの話。メシアまじ最低だな、ほんとクズ。ちょうど最近、某パソコンショップが高齢者を対象にした不当な高額サービスが問題になって炎上していたのでタイムリーな話題。こうやって現実の社会問題とリンクするのがウシジマくんのリアルさなんですね。

でも、「メシアがやっていることは何にも残らない、誰にも喜ばれない!」って、コセちんやっぱり純粋だった。他人のために謝れる人は本当に大人だと思う。コセちんの成長をみた。

【プロフィール】non
アニメや可愛いものが大好き。『闇金ウシジマくん』初体験の元ニート。

眠りたくても眠れない深夜のカップル裁判

ある日、2人で寝ている時に(というか寝る前の……ですね)、「俺が今まで一番?」と聞かれた私。「うん、一番だよ」と即答すると(本気でそう思っていたし)、ピタッと止まりベッドに腰掛けるA。「……どうしたの?」と尋ねると、「何がどう一番?」と、怒るでもなく、微笑むでもなく、まさに無表情という顔で尋ね返されます。「もちろん愛していること、仕事も尊敬していること、一緒にいて楽しいこと、一緒にいて落ち着くこと、もちろん見た目も大好きなこと」などなど、思いつく限りに彼の好きなところを述べました。そうしたら「前、“仕事で一番尊敬している△△さん”と前会話の中で言っていた、昔付き合っていた人の事を“一緒にいると落ち着く感じだった”と言っていた」などなど、以前私がした話の中から、矛盾(別に嘘を言っているわけでは無いのですが、Aにとっての矛盾)を次々につきつけてきます。

そのまま延々と話は続き、気付けばもう深夜3時。「私が悪いから今日は一度寝よう」と提案するも「大事な話をしている時にお前は寝るのか」とそこからもたっぷり説教が続きます。まゆみも神堂に眠らない様にコントロールされていましたが、人間、寝れないのって本当にキツい。ますます「ああ、自分が全部悪くて、彼はこんなバカに付き合ってくれている神なんだ」と思い込む様になってきます。

その後も、何かある度に揚げ足をとられ、カップル内裁判が週1は行われる日々。友達にはめちゃめちゃ惚気た手前、ガチの相談は出来なかったのですが、私の女子会の時の尋常じゃない報告メール具合を見ていて「なんかおかしいな」とは思われていたとのこと。そんな窮屈な日々の中、とある些細な出来事から、大きな事件が起ります。

【プロフィール】miyu
昔恋愛で洗脳経験を持つ32歳主婦。元クラブ通いOL。

過去記事はこちらから!

Vol.1 次から次へとクズが登場!
http://getnews.jp/archives/1493203 [リンク]

Vol.2 急激に距離を縮める神堂とまゆみ
http://getnews.jp/archives/1496818 [リンク]

Vol.3 ニート・コセちんのクズ台詞が炸裂
http://getnews.jp/archives/1500572 [リンク]

Vol.4 本性を現した神堂が上原家に魔の手を伸ばす
http://getnews.jp/archives/1503606 [リンク]

Vol.5 コワすぎる神堂の“アメとムチ”
http://getnews.jp/archives/1510310 [リンク]

Vol.6 逃げ出せる状況でも逃げないまゆみ……それが洗脳!
http://getnews.jp/archives/1517311 [リンク]

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP