ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワンコインでランチを食べられる本『ランチパスポート』大宮・浦和版の最新号が発売!/ 制作に携わらせていただきました!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『ランチパスポート』とは、冊子に掲載されている通常700円以上のランチメニューが500円(税抜)で食べられるというお得なグルメ本シリーズなのですが、9月20日(月)より埼玉県さいたま市の大宮・浦和版の最新号(ランチパスポート大宮・浦和版 Vol.5 / 定価1,000円)が発売されることになりました!

普段はガジェット通信を始めウェブの媒体で記事を書かせていただくことが多い私ノジーマですが、実は今回こちらの『ランチパスポート大宮・浦和版 Vol.5』の制作業務に割とガッツリと携わらせていただきまして。
せっかくなのでこの場を借りて簡単にご紹介させていただこうかと思います。

全103種類のランチが掲載。中には定価1,000円以上のランチも!


『ランチパスポート大宮・浦和版 Vol.5』には合計103店舗のランチメニューが掲載されています。
パスタやハンバーグ、うどん、ラーメン、中華料理などなど、そのジャンルはさまざま。
定価だと1,000円を超えるメニューも数多く掲載されていたりします。
冊子の価格は1,000円ですから、上手に使えば2回利用するだけでも元を取れてしまうわけですな!

1,500円以上のランチが1,000円になるプレミアムランチも充実!


また、巻頭企画として1,500円以上のランチが1,000円(税抜)になるという『プレミアムランチ』も15店舗ほど掲載されているのですが、こちらの内容はさらに充実。
掲載されている中で最もお得なランチだと、2,484円のうな重が1,000円(税抜)になるという大盤振る舞いっぷりです。これはすごい!

たくさん取材したけど、どの店もしっかりウマかった!!


今回は編集の仕事に加え、実際に数十店舗の取材もさせていただいたのですが、どのお店の料理もかなりしっかりと作られていました。
「どうせ割引するメニューだから……」というような感じで、普段よりも量を減らしたり質を落としたりしているお店は一切ありません!

大宮・浦和のたくさんのお店を回って、いろいろなウマい料理を食べられたのは最高でした。
心には良き思い出として、そして体には1ヶ月経過しても落ちない体重としてしっかり残っております。

有効期間は3ヶ月! さいたま市民以外にもオススメだ!

こちらの『ランチパスポート大宮・浦和版 Vol.5』の有効期間は9月23日から12月22日までの3ヶ月間となっていて、1店舗あたり最大3回まで利用することができます。

冊子にはランチという名が冠されていますが、利用可能時間は店舗次第となっていて、土日祝日も利用できるお店もあれば終日利用可能なお店もあったりするので、さいたま市に在住・在勤していないという方にもオススメ。

コンサートやサッカー観戦などでさいたま市を訪れた際にコンビニに立ち寄って購入し、そのまま利用することだってできちゃいます。

期間中に何度か大宮・浦和周辺に行くかもしれないという方は、ぜひご購入を検討してみてください!

販売予定店舗

さいたま市内の主要コンビニエンスストア

≪大宮エリア≫
・三省堂書店 大宮店
・リブロ エキュート大宮店
・ブックエキスプレスディラ大宮
・ブックファースト ルミネ大宮店
・ジュンク堂書店 大宮高島屋店
・くまざわ書店 宮原店
・未来屋書店 大宮店
・押田謙文堂
・さきたま書店プラスゲオ大宮大成
・未来屋書店 大宮西店
・TSUTAYA 大宮指扇店
・アシーネ 東大宮店(未来屋書店)
・文教堂書店 東大宮駅ビル店
・ブックスパストラル
・ふたば書店 大宮店

≪浦和エリア≫
・須原屋 本店
・須原屋 コルソ店
・紀伊國屋書店 浦和パルコ店
・浦和 蔦屋書店
・秀陽堂書店
・未来屋書店 北浦和店
・ブックセンターよむよむ浦和木崎
・須原屋 武蔵浦和店
・須原屋ビーンズ武蔵浦和店
・成文堂 南浦和店
・文教堂書店 まるひろ南浦和店
・埼玉大学生協 書籍購買部
・一清堂 浦和栄和店
・アシーネ 西浦和店(未来屋書店)
・東京旭屋書店 イオン浦和美園店
・TSUTAYA 東浦和店
・くまざわ書店 東浦和店

≪さいたま新都心・与野エリア≫
・紀伊國屋書店 さいたま新都心店
・未来屋書店 与野店
・BookDepot書楽

≪その他≫
・TSUTAYA 岩槻店
・文教堂書店 岩槻店
・文教堂 東川口店

ランチパスポート大宮・浦和版
https://www.facebook.com/lunchpassport.saitama/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ノジーマ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

カテゴリー : グルメ タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP