ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まるでオーディオスピーカー!HPの新作デスクトップPC「Pavilion Wave」はスタイリッシュさがウリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デスクトップPCとはとても思えない、斬新なデザイン。米HPが発表したのは、スピーカーのような外観をした「HP Pavilion Wave」。従来の常識を覆す形が、早くも話題となっている。

スタイリッシュな三角柱、グレーで統一したモダンなカラーリング。見られることを重視して作られているが、パフォーマンスもなかなかのものだ。

・先端の機能を搭載したデスクトップPC

最大2テラバイトのハードディスクドライブ、第6世代Intel Core i7クアッドコアプロセッサを搭載。4Kディスプレイ2台をサポートし、USB3.0、USB 3.1タイプCポートを装備。RAMは、16ギガバイトまで追加可能だ。

マイクは2個ついていて、ノイズキャンセル機能で、5メートル周囲の音声を入力できる。注目のWindows 10・Cortanaを使うことも可能。スマホでおなじみのSiriや、Google Nowのようなパーソナルアシスタント機能を、デスクトップで実現できるという。

スピーカーとしても、かなり使えそう。本体に、B&O PLAYのオーディオシステムを搭載。360度サラウンドサウンドシステムによって、重厚な音の出力を楽しめるようになっている。

・日本での販売は未定

正確なサイズの発表はまだだが、写真で見る限りはとてもコンパクトな様子。デスクトップ派にとって重要な条件の1つである省スペースも、難なくクリアしている。

価格は、549.99ドル(約5万6000円)。米国時間の9月23日より、オンラインストアその他店舗で発売される。日本での販売は、今のところ未定。

HP Pavilion Wave

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP