ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

快感を得ながら「憧れのカラダ」を手に入れる“意外な小物”って?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

お腹をへこませたいし、二の腕と太ももは引締めたい。でもバストサイズは維持したい。これらが全部うまくいけば、こんなに嬉しいことってないですよね。

その理想を叶えるためには、適度な食事制限と運動、そして規則正しい生活リズムが大事です。でも、仕事をしながらずっと続けるのってなかなか大変・・・。

ビューティーコンサルタントのくらもちじゅんこさんは、意外な小物を使って、理想的なカラダを手に入れる“メジャリング・ダイエット”を考案。

『キレイのための手帳術』(すばる舎刊)で、その方法を公開しています。

■「キレイになった私」のイメージが自分を変える

くらもちじゅんこさん考案の“メジャリング・ダイエット”の実践に必要なのは、「メジャー」と「お気に入りの手帳」だけ!

この2つを使って「快い」感情を最大限に高めていくことで、「キレイになった自分の姿」をイメージして、理想に近づけていくという方法です

具体的なやり方は、以下のカラダのサイズを毎日メジャーで測定して、手帳に記録していきます。

「トップバスト」

「ウエスト」

「ヒップ」

「太もも」

「ふくらはぎ」

「足首」

全部測るのがめんどうな方は、自分が「なりたいカラダ」のイメージを持っているところから実践してもいいかもしれません。

不思議なことに、最初は測るだけでも痩せていくのだそう。途中からは、自分の好きなダイエット法や、できそうなエクササイズなどを取り入れて、計測を続けていきます。

ここでのポイントは、毎日サイズを測って記録していくことで、前の自分とどう変わったのか、何をしたときにサイズが減ったのかがわかるということ。

つまり、自分にピッタリのダイエット法を見つけることができるのです。

■毎日カラダを確認することで、美意識が高まる!

自分のカラダのサイズを、正確に言える人って意外と少ないんです。でも、毎日自分のカラダに触れることで美意識も高まり、体重だけでなくカラダのサイズも意識することで、理想の形に近づく自分が実感できて、ダイエットが「快感」に変わっていきます。

今まで全然ダイエットが続かなかった、つらくて仕方なかったという人は、本書を参考にして、自分の体が理想の形に近づいているという「快感」を得ながら、たのしく続けていくのがいいかもしれません。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

薬・タバコ・酒…体に悪いことは全てやったストーンズはなぜこんなに元気なのか?

稼げない男は「健康よりも仕事」と考える 【矢島雅弘の「本が好きっ!」】

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。