体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】秋葉原で炒飯と言えば『牛すじチャーハン』じゃね? @『雁川』

gansen-sujicha015_r

ガジェット通信編集部のある秋葉原には色々な名物料理があります。筆者(YELLOW)の好きな『牛丼専門サンボ』の牛丼などは有名です。

そんな秋葉原の名物料理の中でも、今回は人気のあるメニュー紹介してみましょう。

土日限定の『牛すじチャーハン』を狙え!

gansen-sujicha001_r

秋葉原の外周には多くの中華料理屋さんがありますが、何気に中心部には無かったりします。

gansen-sujicha002_r

そんな中で唯一無二の存在なのが『雁川』(がんせん)で御座います。

gansen-sujicha003_r

働く人はほぼほぼ大陸系、そのドライな接客も含めて味わい深い『雁川』ですが、秋葉原に通うコアな層には絶大な人気があります。

gansen-sujicha005_r

中でも土日限定の『牛すじチャーハン』(900円)は大人気でして、相席となるテーブルの面々が全員『牛すじチャーハン』を食べているという光景も珍しくありません。

『牛すじチャーハン』を食す!

gansen-sujicha016_r

整いました。

いわゆる“餡かけ炒飯”的な何かですが、特筆すべきは牛スジの量でしょうか?

gansen-sujicha017_r

尋常ではない量の牛スジがあるので、炒飯と言うよりは肉料理ですね。

gansen-sujicha022_r

上に乗っている温泉玉子も良い感じでして、お値段900円に見合うだけの内容はあると思います。

gansen-sujicha023_r

やはり『雁川』と言えば、この『牛すじチャーハン』で決まりですね!

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。