体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2020年は人工知能と暮らす? 夢の住まいが実現間近

2020年は人工知能と暮らす? 夢の住まいが実現間近

最近、何かと話題の人工知能やIoT。これらの最新技術を取り入れた私たちの暮らしは、どのように変わっていくのだろう? 2020~2030年の住空間をひと足先に体験できるショールームがあると聞き、東京・有明のパナソニックセンター東京内にある「Wonder Life-BOX」を訪ねてみた。

エントランスで人工知能「あかりちゃん」がお出迎え

「Wonder Life-BOX」の玄関の前に立つと、顔認証システム搭載のセキュリティカメラが作動する。家の人と判断すると白い壁に「OWNER」の文字が表示され、扉が自動的にオープン。同時にエアシャワーが作動し、家に入るとき、服や髪の毛に付いた花粉を吹き飛ばしてくれる。

エントランスには土間をイメージしたコミュニティスペースがあり、大きなパネルに「あかりちゃん」と名付けられたキャラクターが映し出される。入り口からして、すでに未来感あふれる仕掛けが満載だ。【画像1】「ようこそ、こんにちは。暮らしのパートナーあかりです」(写真撮影/ヨシダミホ)

【画像1】「ようこそ、こんにちは。暮らしのパートナーあかりです」(写真撮影/ヨシダミホ)

ホワン、という近未来っぽい音とともに壁やテーブル、鏡など、家中どこにでも現れる「あかりちゃん」。音声や画像技術、センサーやネットワークを活用して、双方向の対話で家の人に寄り添う。いわば、人工知能搭載のパートナーだ。例えば、こんな提案も可能。【画像2】あかりちゃん:「あと30分でひかりちゃんが学校から帰ってきます」 母親:「そっか。学校、午前中で終わりだったんだ。ランチの準備ができていないな、どうしよう」 あかりちゃん:「それなら、最近オープンしたインドカレー屋さんが評判ですよ」(写真撮影/ヨシダミホ)

【画像2】あかりちゃん:「あと30分でひかりちゃんが学校から帰ってきます」 母親:「そっか。学校、午前中で終わりだったんだ。ランチの準備ができていないな、どうしよう」 あかりちゃん:「それなら、最近オープンしたインドカレー屋さんが評判ですよ」(写真撮影/ヨシダミホ)

GPS機能を使って家族の位置情報や、「あかりちゃん」がすすめる飲食店やデリバリーの情報がさっと表示される。提案を採用するとうれしそうな表情で「うんうん」とうなずき、不採用だと困った表情をすることも。機械的な会話だけでなく、人間らしさを感じさせるコミュニケーションだ。【画像3】エントランスには、除菌や殺菌ができる収納スペースも。屋外に設置した専用パネルとつながった純水素燃料電池もある。自立したエネルギーを家でも確保できれば、災害時でも安心(写真撮影/ヨシダミホ)

【画像3】エントランスには、除菌や殺菌ができる収納スペースも。屋外に設置した専用パネルとつながった純水素燃料電池もある。自立したエネルギーを家でも確保できれば、災害時でも安心(写真撮影/ヨシダミホ)

「あかりちゃん」が特に活躍するのがキッチン。家族の好みや健康状態、冷蔵庫の中身などから、その日のおすすめメニューをいくつか提案してくれる。さらに分量やつくり方の手順、材料のカット方法から盛りつけにいたるまでを丁寧に教えてくれるという親切ぶり。これなら、毎回の献立に悩む時間やレシピのマンネリも解消できそうだ。【画像4】(左)家庭菜園のいちごの食べごろもお知らせ、(右)誕生日やホームパーティーなど特別な日も余裕をもって準備できる(写真撮影/ヨシダミホ)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。