ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

YUKIの代表曲「JOY」 実は全否定されていた

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜23時30分からの番組「THE HANGOUT」(木曜ナビゲーター:蔦谷好位置)。同番組は9月いっぱいで2年の放送に幕を閉じます。そこで今回は、「まだ話してなかった、蔦谷好位置物語」をテーマにお送りしました。

リスナーから送られてきた質問に答えながら、仕事からプラベートまでさまざまな知られざる「物語」を明かした蔦谷。ここではその一部をご紹介します!

■Superflyの志帆さんとの楽曲制作秘話や、面白エピソードを聞かせてください

「2人で共作するときは…場合によるんですけど。例えば『Beautiful』とかは、サビの最初2小節くらいのメロディーが志帆ちゃんにあって、その2小節がすごくいいなと思って、そこから僕がちょっと違うものとか組み合わせて作りました」

逆に「天上天下唯我独尊」は、蔦谷が仮歌を入れたデモを制作し、「メロディも全然変えていいですよ」と志帆さんに渡し、アレンジしたものが返ってくる…といったやりとりで作られたそうです。

■蔦谷さんが思う、歌詞とメロディがマッチしている曲を教えてください

「今、パッと思いついたのは、B’zの『LOVE PHANTOM』の中の『がまんできなぁーい』って部分ですね(笑)」とモノマネ入りで答えた蔦谷(笑)。

その理由は、自作のデモに仮歌を入れる前に、気合いを入れるためにこの曲を歌うからだそう。しかもアカペラで(笑)。「これが僕のルーチンワークっていうか(笑)」と思いがけず、知られざる気合いの入れ方を明かしました。

■無人島に1枚だけCDを持っていくとしたら何を選びますか?

これも気になる質問ですよね。「めちゃくちゃ難しい」と悩みながら答えたのはTHE BEATLESの「Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band」でした。

■YUKIちゃんの「JOY」は、作ったとき正直売れると思いましたか? 「JOY」だけに限らず、その曲を作ったとき「イケる」感はあるんでしょうか?

これに「作ったときはあった」と蔦谷。

「でも、これはYUKIちゃんのために作った曲じゃなかったから。自分のバンドを解散させたくないと思って作った曲だったんで。だけどレコード会社に持って行ったら全否定で」

結局、そのバンドは解散。その後もいろいろなところに持ち込むも、良い答えがもらえませんでした。そんな中、「JOY」を聴いてくれたYUKIさんが「こんな曲を10年待っていた」と言ってくれたそう。

「それでもまだ半信半疑っていうか。まだ売れてないですから。世の中に出て売れたときに、やっと“売れたんだ”って思ったから、自信があってもそういうものなんですよね」

そのため、「いいのができた! 俺、天才だ」と思っても、人に曲を聴かせるときは怖いそうです。この答えに「意外」と感じた人も多いのでは?

次週9月22日も、知られざる「蔦谷好位置物語」を引き続きお送りする予定です。番組サイトやツイッターから、じゃんじゃん質問をお送りください! 知られていない蔦谷の素顔はまだまだありそうです♪

【関連サイト】
「THE HANGOUT」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/hangout/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP