ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Moto Zの指紋リーダーは画面のOFFも可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorola が海外で 9 月に発売した 2016 年のフラッグシップスマートフォン「Moto Z」は同社のフラッグシプシリーズで初めて指紋リーダーを搭載し、生体認証が可能になりました。Moto Z の場合、指紋認証を行うだけではなく、画面を OFF にすることもできるのです。Moto Z の指紋リーダーは、ディスプレイの下に独立したタッチセンサーボタンとして搭載されています。指紋を登録しておくと、センサー上に指を置くだけで指紋を読み取り、認証を行います。もちろん、スリープ中でも反応します。機能的な部分は Nexus 5X / 6P の指紋リーダーと大差ありませんが、Moto Z では、画面が ON の間に指紋リーダーを長押しすると、画面が OFF になります。わざわざ電源ボタンを押す必要がありません。一見すると地味な機能のように思えますが、日常生活の中で画面を ON / OFF することは多く、端末を持つ手のポジション的に電源ボタンを押すよりもスムーズに画面の OFF ができて便利です。

■関連記事
Google、Google Playミュージック聴き放題サービスの月額利用料を3ヶ月間100円にするキャンペーンを開始
HTC BLOTが米Sprintから来月発売されるとの噂
Motorolaの純正ファイル管理アプリ「Motoファイルマネージャー」を有効にする方法

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP