体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東京ゲームショウ2016】ロジクールがゲーミングデバイス新製品4種を発表 新シリーズ“PRODIGY”を旗揚げ

IMG_8474

ロジクールは、9月15日~18日にかけて開催中の東京ゲームショウ2016内で、マウス、キーボード、ヘッドセットを含むゲーミングデバイス新製品を発表。ロジクールGブランドの新たなコンセプトと共に、9月中旬より順次発売となる4種類のギアがお披露目されました。

IMG_8414

ロジクールのクラスターカテゴリーアシスタントマネージャー・塩谷一生氏は、PCでゲームに興じる親子の写真を例に、「今後はもっとこのような光景が増えてくると思う。ゲームを楽しむ世代の幅が広がっており、新しくゲーミングデバイスを求める人口も増えると考えている」と説明。

IMG_8397

「初めて手に取るギアがロジクール製品であって欲しい」という願いを述べつつ、プロeSportsアスリートに限らず、ゲーミングのスキルや性別、世代を超えた全ての人に向けた新シリーズ“PRODIGY(神童)”を発表しました。

IMG_8443

10月20日より発売となるゲーミングマウス『G403』(税抜き8750円)は、「超高速マウス『G402』と、業界最高峰のトラッキングセンサーを搭載した『G502RGB』のいいとこどりを目指した」と語る、超軽量設計の高性能ゲーミングマウス。

IMG_8613

6個のプログラム可能なボタン、90gの軽量構造、エルゴノミクスデザインに基づくラバーグリップ、10gの取り外し可能なウェイトを装備。さらに、ロジクールGの“PMW3366トラッキングセンサー”を搭載しています。

IMG_8439

ロジクールGのブランドアンバサダーを務めるプロゲーマー・StanSmith氏は、「小ぶりなフォルムで手になじむ。軽くて速い、誰にでも使いやすいモデルだと思う」と、ユーザー目線の使用感を語りました。

IMG_8442

有線・ワイヤレス両対応の『G403WL』(税抜き11880円)も同日より発売され、こちらは107gの軽量構造、10gの取り外し可能なウェイトを装備。1回の充電(約1.5時間)で、LED未使用の場合は約32時間、LED使用の場合は約24時間の連続プレイが可能です。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。