ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米国で約100万台が対象となるGalaxy Note 7の公式リコールが発表、SamsungはIMEIでリコール対象どうかを確認できるツールを公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国において 100 万台にも達する Galaxy Note 7 の大規模なリコールの実施が発表されました。Samsung は今月上旬より自主的なリコールを実施していましたが、米国消費者製品安全委員会(CPSC)が 15 日(現地時間)に Galaxy Note 7 の公式なリコール方針を発表しました。同委員会がこの日発表した声明の中で、「Galaxy Note 7 のユーザーは、ただちに端末の使用を中止して電源を切り、Samsung やキャリアのサポート窓口で新しいスマートフォンと交換、もしくは返品することができる」としています。また、今回のリコールで約 100 万台の Galaxy Note 7 が対象になるほか、これまで米国では 92 件ものバッテリーの過熱による発火事故が報告されたことも明らかにしました。Samsung の米国法人は今回の公式リコールに合わせて、IMEI 番号で自分の端末がリコール対象なのかどうかを確認できる専用ツールを公式サイトで公開しています。Source : CPSCSamsung IMEI 確認ツール

■関連記事
ASUS、「ZenPad S 8.0」国内モデルを手動でAndroid 6.0にアップデートできる更新プログラムを公開
Android用「Chrome 54」ではYouTubeや他の動画サイトのバックグラウンド再生が可能
Huawei、国内向け「Honor 6 Plus」の直販価格を19,800円に値下げ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP