体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

庭師が伝授! 自宅のベランダに「日本庭園」を造るコツ

庭師が伝授! 自宅のベランダに「日本庭園」を造るコツ

お寺や町家などで目にする、美しい和庭園。わが家にもそんな庭があったら……と憧れている人も多いかもしれません。そもそも日本古来の庭園とはどのようなものなのでしょうか? また、はたして素人でもDIYで造ることはできる? などなど素朴な疑問を解消するべく、「庭匠 風玄 東京」代表兼庭師の深津晋太郎さんと、庭師の堀内千恵さんに聞きました。

日本ならではの風景を凝縮した和庭園

日本庭園の定義について、お二人が考えるそれはズバリ「土、石、植物、水などを用いて、自然の景観を表現した庭」なのだとか。

「日本には“八百万の神”と言って、すべての物に神が宿っているという考え方があります。大きな石や大木に神様が宿っているという自然信仰にあたりますが、日本の庭造りのベースにはこうした信仰が根付いていると思います。また、日本庭園の造り方のひとつに『石組』というものがあります。お釈迦様を表す石を中心に、両脇にお弟子さんを立てるというもので、禅の心、つまり仏教の要素が加わっています。人は目に見えない世界を感じて、自分が死んだら極楽浄土に帰りたいと願う。その思いで造られたとも言われています」(堀内さん)【画像1】こちらは、「庭匠 風玄 東京」が手がけたさいたま市浦和区常盤にある「料亭 玉家」のお庭。よく見ると中心部に石組が配されている(写真撮影/末吉陽子)

【画像1】こちらは、「庭匠 風玄 東京」が手がけたさいたま市浦和区常盤にある「料亭 玉家」のお庭。よく見ると中心部に石組が配されている(写真撮影/末吉陽子)

木や石など自然の中に神様の存在を感じている日本人の心。それを反映したものが、日本庭園ということなのかもしれません。また、庭を構成する砂利や灯籠などにも意味があるそう。

「日本庭園には、『白川砂利』という砂利があるのですが、これは水や海を表現する素材の一つですが、電気がなかった時代に建物の内部に太陽の反射光を取り入れるという役目も果たしていました。そのため、京都で白川砂利が敷かれている庭は、主に南に向いています。昼は太陽の光を、夜は月の光を取り入れる。庭に景観を造りながら同時に生活の利もかなえていました。また、よく灯籠が置かれますが、これは今でいうところのライトにあたるもので、かつては灯籠の中にろうそくを灯し、道しるべとして利用していました」(深津さん)

日本の庭は引き算で造られており、無駄を究極にそぎ落としながらも美しさを追求しているのです。

素材選びに不正解はない! 自分の感性で選ぶことが大事

さすがに、お二人が手掛けているような、本格派の日本庭園を造ることは難しいかもしれませんが、素人でもDIYで一戸建ての庭やマンションのベランダに和風の庭を造ることはできるのでしょうか?

「2畳ほどのスペースがあれば、坪庭のようなすてきな庭が造れます。素人の方でもお気に入りの樹木や砂利などを配置して楽しむことはできると思います」(深津さん)

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会